分譲賃貸で一人暮らしのメリットデメリット

分譲賃貸で一人暮らしのメリット・デメリット

分譲賃貸っていうのは、分譲マンションを賃貸で貸し出している物件です。通常の賃貸物件は、賃貸専用に作られていますが、分譲マンションは作りも設備も良いです。

特に賃貸物件での騒音が気になるという人は分譲賃貸にした方が良いでしょう。分譲賃貸の方が鉄筋コンクリートでも作りがしっかりしているため、防音性が高いです。

ただ、ファミリーでの居住者が多いため、共用部の子供の足音とかは聞こえてしまいます。一般的な軽量鉄骨や重量鉄骨は、防音性では木造とほぼ変わらないので、とにかく防音性を重視するなら鉄筋コンクリート、それも分譲マンションの方が良いです。

分譲賃貸で一人暮らしのデメリット

一人暮らしだとなんか胡散臭い目で見られている気がする

分譲マンションを購入した側の身になってみましょう。通常、ローンを組んでマンションを購入した場合はそう簡単に引っ越したりしません。また、購入者は管理組合に入ることになるため、戸数が少ない場合住人は全員どんな人か把握されている場合があります。

そういう中で不動産投資のために貸し出されている部屋は入れ替わりが激しくなり、周囲の住民からすると身元がよく分かりません。だから、分譲賃貸の借主は、胡散臭い目で見られているだろうと思います。僕だって、自分が購入者で住んでたら賃貸の人はなんか嫌だと思いますし。

管理会社に掃除などの管理を委託している場合、ゴミ捨て場の掃除は雇われている管理人さんがやる場合もありますが、自主管理の分譲マンションの場合には、組合員が当番制で行うこともあります。つまり、ゴミ当番をやらなければいけないという戸建ての町内会みたいな雑務が発生します。

でも、分譲賃貸の借主は組合員ではないので、そういったことをやる必要がありません。それは、組合員である不動産投資をしているその物件のオーナー(大家さん)の責任です。マンションを購入している人からしたら、賃貸の人はゴミ当番やらなくてズルいと思っている人もいるかもしれません。

分譲賃貸の場合、トラブルが起こったら管理会社を通せない可能性が高い

分譲賃貸の場合、通常の賃貸物件と違って管理会社が管理しているわけではないことが多いです。なぜなら、管理会社を通すと「管理委託手数料」というものが家賃の数%かかります。大家さんからすると、不動産投資の利回りが減るので、自分で直接借主とやり取りした方が儲かるわけです。物件が多数あってやり取りが面倒というオーナーの場合には、管理会社に丸投げしているかもしれません。

そのため、設備の修理が必要となった場合、大家さんと直接やり取りをする必要があります。管理会社だったら電話しやすいですけど、大家さんに直接っていうのはちょっとハードルが高いと感じる人も多いかもしれません。僕は実際にエアコンの故障で大家さんとやり取りをしましたが、不動産屋とやり取りするよりスムーズだったので、大家さんにもよります。

管理会社が一括で管理している物件だったら、他の入居者とのトラブルに口出しできますが、区分所有の管理だとそういうわけにもいかないでしょう。だから、結局騒音トラブルが起こったら、分譲賃貸の場合自分で解決しないといけません。特に騒音トラブルは自力で解決することになります。

お祭りなどのイベントがある場合も

マンションによっては、夏祭りとか行事を行う場合もあります。基本的に賃貸の人は組合員ではないので、マンションの自治会(管理組合)に関わる必要は無く参加しなくてもいいと思いますが、もしかしたら参加させられることもあるかもしれません。芸能人の場合、事務所が借りてタレントが住むということにすれば、組合の会議とかにも出る必要は無いのかもしれません。

分譲賃貸のメリット

騒音問題が起きにくい

マンションの作りがしっかりしているので、騒音問題が起きにくい。これが一番じゃないでしょうか?一見キレイなアパートは沢山ありますが、軽量鉄骨のものばかりです。そのため壁が薄く、騒音トラブルが起きやすいです。

一方、分譲賃貸の場合、鉄筋コンクリートで基本的にファミリー向けの作りなので、隣人との距離が遠く、騒音トラブルが起こる可能性が低いです。ただ、子供の足音は鉄筋コンクリートでも響く場合があるので、うるさい子供のがいる部屋の真下に住んでしまうと大変な目にあう可能性もあります。

家賃は安い場合も

分譲賃貸の家賃は意外と安かったりします。もちろん家賃が高い場合もあるんですが、賃貸専用のアパートやマンションだと他の住人もいるし、ネット上に家賃が出てしまうので、空室だからと家賃を急激に下げづらいです。でも、分譲賃貸だとそういうことを考えなくて良いので、空室期間が長いとオーナーが一気に家賃の値下げをするかもしれないという点があると思います。

とにかく、アパートやワンルームマンションでの騒音トラブルはもう懲り懲りという方に、分譲賃貸はおすすめです。物件自体があんまり多くありませんし、結局住んでみないと分からない、という点でギャンブル要素は残ってしまいますが、それでも確率的には騒音トラブルにはあいにくくなるでしょう。

不動産屋は電話連絡が面倒くさい!という人はチャットで分譲賃貸を探しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク