これからパンローリングの本を読む人への感想

「これからパンローリングの本を読む人へ」を読みました。てっきり「東大教師が新入生にすすめる本」もしくは「このミステリーがすごい」みたいな投資本のブックガイドなのかと勘違いしてスルーしていました。

「パンローリング」は投資関連の本を多数出している出版社で、ある程度投資経験がある人には有名だと思いますが、本当の投資初心者は知らないでしょう。「本屋の投資本コーナーにある大体外国人が著者の分厚い専門書っぽいやつ」って言えば分かってくれる人はいるかもしれません。

「これからパンローリングの本を読む人へ」のターゲットは完全な初心者ではなく、ちょっと経験のある初心者ということでしょう。ある程度の経験が無いとこの本に書かれていることに納得できないと思いますから。

たとえば、「損切りは大事」というのはほとんどどの本にも書いてありますから、投資を始める前から損切りが重要だとは頭で分かっている人は多いでしょう。でも、実際にできるかというとできません。

この本には投資初心者がやりがちなあるあるが網羅されています。僕も本書に書かれているような失敗は全てしてきました。

これからパンローリングの投資本を読む人へ ──万年初級者の残念な思考と姿勢
これからパンローリングの投資本を読む人へ ──万年初級者の残念な思考と姿勢

今だったらこの著者に完全に同意するのですが、投資を始める前にこの本を読んでも「ふーん」としか思わなかったと思います。投資をやろうなんていう人は、「自分は平均よりは頭が良い」、「自分だったら上手くいく」と思って始めるはずです。

博士号を持っている人たちや巨額の資金を持っているヘッジファンドなどですら敗れていく世界の厳しさは体験してみないと分かりません。

株でもFXでも売買回数が100回を超えたくらいの人が読むと、かなり参考になるのではないかと思います。逆に売買経験が0回の人、あるいは自分の投資ルールができあがっている人が読んでもあまり意味が無いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク