ANAの株式併合で優待や配当に変更はあるか?

ANAk株式併合

東証が単元株式数を100に統一することを進めているので、多くの上場企業の単元が1000株から100株に変更されます。ANAも単元株式数を1000株から100株に変更することになります。株主は特に何もやる必要はなく、2017年10月1日から自動的に切り替わります。

株式併合で、10株を1株にするので、1000株が100株になります。気になるのは、配当金の額と株主優待に変更はあるのか?ということですよね。結論から言えば全く変わりません。今までと同じ分の配当金と優待券がもらえます。

だから株主は特に手続きすることもありません。ただ、単元未満株を購入している人や端株を持っている人は自分で証券会社に問い合わせる必要があります。問い合わせたりする手続きが面倒な場合には、今のうちに売ってしまった方が良いかもしれません。

今まで1000株だったものが100株になるため、株価は10倍になります。だから、購入しやすさというのは全く変わりません。理論的には株価に影響は無いとされています。統計的なデータはありませんが、実感としては3桁の株価の銘柄よりも4桁の銘柄の方がボラティリティーは高いような感じはしますね。制限値幅も広くなりますし。

一般論として、株式併合されると低位株の株価も10倍になるので、低位株とは言えなくなってしまいます。単元株式数統一は、低位株投資をしている人にはちょっと影響が出るかもしれません。

東証は100株に統一したいようですが、もっと分割で買いやすくするために取引の最低単元を10株とかにしてくれないかな?と思います。証券会社としてもその方が手数料を得やすくなるし良いと思うんですけど、事務仕事が増えるから嫌なんでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク