2017年7月上旬個別株状況

もしもドル円のダブルボトムとなれば1ドル120円くらいまで上がり、日経平均も21000円を超えるのでしょうけれど、そうならなそうな感じなんですよね。モーサテでも藤戸さんがFRB高官がアメリカ株の割高感について言及が増えていると言ってましたし。

僕の保有している日本株は上がったり下がったりで毎日プラスマイナス1万円とかでほとんど変化なしです。下がったら買い増ししたいので、待っている状態です。「押し目待ちに押し目なし」なんですけど、長期投資の場合高値ブレイクで購入するのは危険なので高値追いはしないようにしています。短期売買だったら全然良いと思います。

そんな中、ひふみ投信の2017年7月の「ひふみアカデミー」を見ました。ひふみアカデミーっていうのは、youtubeで無料で誰でも見ることができる先月末時点でのひふみ投信の運用方針に関する解説動画です。

ひふみ投信の6月末での大きな変化は、上位銘柄にアメリカ株のAmazonとマイクロソフトが組み込まれたことです。ひふみ投信は投資する会社や工場に直接行って投資判断をするので有名ですが、アメリカにも調査に行っているとのことです。

僕もアメリカ株買いたいと思っているのですが、全然調整しないのでまだ何も買えていません。そんなわけで、日本の高配当株を2銘柄追加しました。

今月は配当が入ったので、その金額にちょっとプラスして双日を購入しました。配当金は直接証券会社の買い付け余力になるんですけど、郵便局で現金を受け取るよりも全然ありがたみが感じられません。配当が入ったからと言って外食するつもりもないので、配当金で高配当株を買うことにしました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク