2049 NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETNが早期償還される(損失確定)

2049VIX早期償還決定

ダウが一時マイナス1500ドル、日経も1000円安と、株式市場が大荒れです。普段株価を話題にしないワイドショーですら報道しています。

持ち株もひどいことになってますが、それ以上にやられたのが2049 NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETNです。

2018年2月6日2049早期償還が決定

2049 NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETNというのを5枚ほど持っていたのですが、通称即死条項が適用されて早期償還が決定されてしまいました。ブラックマンデー並のやつが来なければ高確率で儲かるはずだったのですが、いきなりブラックマンデー級の下げが来ました。

2049が早期償還でいくら戻ってくるかはまだ分かりませんが、もうゼロだと思って心理的には損切りしています。損失額は約20万円です。仮想通貨と合わせて2018年は既に30万くらい損してます。

VIX先物のインバース

1) 早期償還条項への該当
当該ETNの対象指数である「S&P500 VIX 短期先物インバース日次指数」(以下、「当該指数」)の米国市場における日中の値(終値を含む)が、その前日の当該指数値の終値の 20%以下となった場合、当該ETNはそれが実現した日(「早期終了日」)の 10 営業日後の日に早期償還されます。2 月 5 日に当該指数値が、2 月 2 日の当該指数の終値1,342,587.30 の 20%に相当する 268,517.46 以下に下落したため、早期償還されることとなりました。
2) 早期償還額
当該ETNの額面金額1万円につき、以下の算式に従って計算代理人がその単独の裁量により商業上合理的な方法で算出する早期終了日現在の当該ETNの価額に相当する金額から、かかる償還により当社が負担した対象となる関連ヘッジ取引の解消に係る費用を含む(ただし、これらに限られません。)費用を控除した円貨額をいいます。
10,000 円 × (償還価額/100)外国指標連動証券の早期償還の決定に関するお知らせ

追記:2049はいつ、いくら償還されるのか?

気になるのは2049がいつ、そしていくら償還されるか?です。上の引用にも書いてありますし、野村のETNのページにあった『外国指標連動証券の早期償還条項に関するお知らせ』というPDFにも書いてありますが、早期償還が決定した日の10営業日後みたいです。ただ、実際にお金を受け取れるのはもっと後でしょう。金額はあまり期待しない方が良いですね。(追記:ページ下部にスケジュールを載せました)

1) 早期償還条項について
当該指数の米国市場における日中の値(終値を含む)が、その前日の当該指数値の終値の 20%以下となった場合、
当該ETNはそれが実現した日(「早期終了日」)の 10 営業日後の日に早期償還されます。当該 ETN の償還をうけて当
該 ETN/JDR はすみやかに信託終了となり、信託終了日現在の当該 ETN/JDR の保有者には償還金額が支払われま
す。外国指標連動証券の早期償還条項に関するお知らせ

2049の商品概要説明ページにある、ヒストリカルデータを見ると、

S&P500 VIX短期先物インバース日次指数 2018/2/5
5,761,594円

外国指標連動証券の
一証券あたりの償還価額
1,144円

上場受益権口数
1,100,000口

外国指標連動証券の
残存償還価額総額
1,258,400,000円

となっています。更に、何らかのコストも引かれるかもしれませんから、1株1000円も償還されないのではないでしょうか?ゼロだと思ってあまり期待しないようにします。↓償還金額は1144円で決定のようです。

追記2:償還金額とスケジュールが決定

経過に関するPDF

1) 受益権1口当りの償還金額
当該ETN/JDRの信託終了日現在の保有者が受け取る受益権一口当たりの償還金額は、以下となります。
受益権一口当たりの償還金額:1,144 円
2) 今後のスケジュール
2 月 5 日(月) 早期終了日
2 月 6 日(火) 東京証券取引所における整理銘柄への指定
2 月 16 日(金) 東京証券取引所における最終売買日
2 月 19 日(月) 東京証券取引所における上場廃止日
2 月 21 日(水) 早期償還日、信託終了日
4 月 2 日(月) 償還金支払い開始日(予定)

2018年2月7日追記3:

2049の売買が可能に


現在、2049は売買可能です。朝8時ちょうどに板を見たら、850円くらいだったのですが、現在は償還金額の1144円あたりになっています。手数料を考慮しなければ1144円未満で買えれば儲かるわけですから、それを狙った買指値が多く存在するようです。早く現金化したい場合は、成り売りをするか、1144円で指値売りをしておけば良いと思います。僕は成り売りします。

追記4:5株成り売りしました。

2049の損失確定

37000円 x 5枚 = 185000円 で購入した2049は 1145円 x 5枚 = 5725円で終了です。
損失額約18万円。しかも、4枚がNISA口座なので15万円分の損失は損益通算もできません。始めてすぐの償還ですから、運が悪いとも言えますし、逆に傷が浅くて良かったと考えることもできます。

ちなみに、ゲッターズ飯田さんの五星三心占いというのをやったら、銀のインディアンに分類される僕の2018年は「一攫千金を狙って大損する年」となっています。いきなり的中です。2049や仮想通貨は投資というよりも、ゼロになる覚悟で投機としてやっていたのでそれほど精神的なダメージを受けていませんが、やっぱり損するのは嫌ですからね。

今年は、FXと株は一攫千金を狙わずに、今まで通りコツコツと売買を繰り返していくことにします。

かなりマイナーな金融商品の2049がこんなに話題になるとは思いませんでした。2049の大元が、クレディースイスのXIVというものです。ロイタ...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク