S株で買っていた新興小型株を全て決済した

2018年3月6日にS株で買っていた新興株(eスポーツ関連銘柄)を全決済しました。全決済した理由は、アメリカ株が調整に入っているため日本株が上がりにくくなっていること、想定していたのよりも早めに円高が来てしまったからです。新興株は地合いが悪くなるととことん落ちるので、ちょっと上がった所で利確して逃げておこうかなと思いました。

単元株も高配当銘柄として買っていたみずほフィナンシャルグループや双日などを利益確定して、株全体の持ち高を減らしました。

まだ単元株は6銘柄、S株もソニーとその他2銘柄、そしてワンタップバイで購入した株は売らずに持っているので、これから上がってしまってもまあ良いだろうと。

S株で同時期に買ったほとんどの銘柄がマイナスだったのですが、東証2部で乃木坂46のCMでお馴染みのMCJだけ好調だったので結果的にちょっと儲かって終了です。MCJは今後もPUBGみたいな人気ゲームが出ると、更に上昇する可能性はあると思います。下がれば100株単位で買いたい銘柄です。PUBGやデッドバイデイライトとかもそうですが、ああいう実況動画向きのPCゲームは今後も出てくるでしょう。モンハンの実況動画ってあまり見る気にならないのですが、PUBGやDead by Daylightとかは緊張感があって見てしまいます。あと、電気自動車関連銘柄として富士通コンポーネントもちょっと購入していました。

SBI証券のS株を売買してみて思ったのは、売買タイミングが難しいということです。たとえば、今日の前場が始まってから株が上がっているので売りたい!と思っても今日売れないのです。前日に注文しておかないと前場で売れなかったりします。そして前もって成行注文しかできないのです。短期売買やスイングトレードには向いていませんが、長期保有するというのであれば少額投資として使えるサービスだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク