楽天の株主優待は自分で申し込む必要があることに注意

楽天から配当、株主総会、株主優待のお知らせが郵送されてきました。楽天の株主優待はGMOインターネットと同じく、株主専用サイトから自分で申し込まないともらえないので、忘れずに申し込みましょう。

株主優待専用サイトのURL、IDやパスワードは郵送物の中の紙に書かれています。

僕の目当ては楽天市場と楽天トラベルの割引クーポンです。楽天市場の200円クーポン4枚は申し込みの時期によってもらえる時期も異なることに注意が必要です。

申込期間               発行時期 利用期限
3月9日(金)~4月10日(火) 5月1日(火) 7月31日(火)
4月11日(水)~5月10日(木) 6月1日(金) 8月31日(金)
5月11日(金)~6月10日(日) 7月1日(日) 9月30日(日)

楽天の投資家向けサイトにも書かれていますが、上記の様になっています。

野球関連の優待もありますが、野球に興味が無い人にとってはあまり意味が無いですね。

あと、楽天証券で楽天株を100株以上保有していると、マーケットスピードの利用が1年間無料になります。マーケットスピードは株式の短期売買をする人にとってはとても良いツールなんですが、長期投資の場合にはあまり使わないでしょう。

それに、楽天FX、信用取引口座、先物・オプション取引口座のどれかを開設していれば無料になったり、資産残高が30万円以上あったら無料になったりするので、あまり株主優待としては魅力がありません。

GMOインターネットの場合には、くまぽんの500円クーポン券が4枚もらえますが、買える物が限られます。その点、楽天の場合には額は少ないですが、買える物は多いというメリットはあります。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク