2018年3月下旬の個別株運用状況 日経平均PER12倍台は割安か?

日本株の個別株に関しては、2銘柄利益確定したものもあるので評価額と含み益が減っています。ちょっと前まで含み益が80万円くらいあったのに、50万円くらいまで減ってしまいました。現在は6銘柄で合計170万円ほどの評価額です。こういう下落相場だと170万円程度でも1日で5万円とか評価額が減っていきます。現在のワンタップバイでの投資元本が5万円なので、ワンタップバイの元本分が1日で無くなるという感じです。

日経平均のPERが12程度になっているので、割安っぽいです。でも、円高になって輸出企業の利益が減ると、このPERは訂正されてしまいます。円高になる可能性が高いと思っていますし、円高になってしまうと更に日経平均は下げる余地が大きくなるということになるので、あまり積極的に買いにいけません。既に輸出企業の想定を上回る円高になっていますし。

とりあえず、今持っている日本株の個別株は全部長期投資用なのであまり見てません。日本株はこのまま損切りも利益確定もせずに放置してコラボス(3908)が1000円を割ったら買うのを考えます。

アメリカではDropboxがナスダックに上場しましたが、同じ様なライバルサービスが増えてる中、どういう展開をしていくのか気になります。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク