2018年5月中旬の個別株概況 三国BASSAにちょっと期待

日本株の個別株(単元株)はもう6銘柄しか持ってません。楽天だけずっと含み損ですが、GMOインターネットが決算後に大幅に上がって楽天の含み損分はカバーしてくれました。ANAはちょうど株主優待が届いた所です。

エイチームの株価が低迷してますが、最近発表した新作ゲーム「三国BASSA」が三國無双と戦国BASARAを意識してるのは明らかです。ネーミングやゲームの企画段階の会議で「三國無双や戦国BASARAのパクリという批判が出る」という意見は当然出ているはずです。

「三国BASSA」ってマンガの中に小道具として出てくるゲームのタイトルっぽいですからね。

それでも「三国BASSA」という名前にしたということには理由があるはずです。まず、「三国BASSA」だとどんなゲームか想像しやすいでしょう。爽快な無双系アクションなんだろうなと。これがコンシューマーゲームだったらやる気になりませんが、スマホゲームだったらちょっとやってみようかなと思う人も多いと思います。もしかしたら、SNSでのプチ炎上を狙ってのネーミングの可能性もあります。あと、中国や韓国やアメリカなどの市場も視野に入れているでしょう。

ここで、「単なるパクリゲー」というそれほど高くない期待値ができるわけですから、それ以上に何か予想を上回るような機能が付いてくれば評価は上がりやすいかもしれません。

ファミ通の動画での紹介では割と面白そうです。僕はPS4の洋ゲーばっかりやっているので、三國無双や戦国BASARAはやったことないんですが、やっぱりタイトルがあからさまにパクリっぽいゲームを出す会社はイメージ悪いですよね。株主としては複雑な心境です。

追記:リリースされました。

エイチームの株を持っているので、一応新作ゲームはダウンロードしてやってみてます。僕はPS4の洋ゲーばっかりやっていて、あんまりアプリのゲーム...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク