金価格下落中、バリックゴールド株(ABX)を購入

アメリカの利上げ、トルコリラ暴落による新興国通貨不安から、ドル高が続いています。円高にもなっているので、それほどドル円は上がっていません。でも、ドルインデックスの上昇と共に、金価格(ドル建て)の下落が続いています。

金投資には、純金積み立て、金CFD、金ETFなどがあります。円建ての金(純金積み立て、純金上場信託など)だと為替の要素が加わり、ボラティリティーが低くなってしまいます。基本的にドル建ての金価格が上がる時は円高になり、ドル建ての金価格が下がる時は円安になるので、円建ての金価格は価格変動が小さくなります。

手数料の安いCFDは売買しやすいですが、ロングポジションを持つとマイナススワップが発生するので長期投資には向いていません。

そこで、配当利回りが1%程度ある世界最大のカナダの産金会社バリックゴールド(ABX)の株を10ドル付近で購入しました。XAUUSDのチャートを見て、日足で下げ止まったかな?という所で1回買ってみました。

もちろん、これからまだまだ金価格が下落する可能性もあるので、また下がったらバリックゴールド株を買う予定です。とりあえず、SBI証券のNISA口座でABXを10株だけ買ってみました。手数料が5ドルかかるので、ABXを10ドル付近で10株購入したため、平均取得単価が10.5ドル(評価損益がマイナス600円程度)でのスタートです。

僕はいつも慎重に調べてから一気に株を買うというよりも、ちょっと株を買ってみる。そして、興味を持ってから調べて、良さそうだったらさらに買うようにしています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク