2018年10月下旬のSBI証券アメリカ株個別株投資運用成績 GME…

SBI証券のNISA口座で8万円分くらいアメリカ株を買っています。10月に暴落した割にはアメリカ株は5000円程度の含み益となっています。7月末にShopifyとRokuを1株ずつ売却していたので7000円くらいの確定益があります。

バリックゴールドはたまたま底値付近で買えていたので、含み益となっています。「底値で買えた」というのは結果論であって、たまたま買える場合もあります。でも、ほとんどの場合は「底値で買えない」=「塩漬け」「損切り多発」です。

配当利回りが10%になっているGamestop(GME)という株があります。ゲームの小売店なんですが2018年はコンシューマーゲームでヒットしている大作(スパイダーマンやアサクリオデッセイやCOD BO4など)が連発されているので、かなり売上的に良いのではないかと思います。しかも、アメリカでヒットすること間違い無しのロックスターの「レッドデッドリデンプション2」をGamespotではBest Buyなどの他の量販店よりも3時間早く購入できるみたいです。

来年もコンシューマーゲームはヒットしそうな大作が多いので、ちょっとGME買ってみようかなと思ってます。買うの忘れて放置する確率が90%くらいですが。ビジネスモデル的にはダウンロード販売がメインになっているので、長期的にはそんなに期待してませんが、下がるのを覚悟して買ってみるのはいいかもしれません。配当利回りが高いということは、人気が無いということでもあるので、みんな株価が上がらないだろうと思っているわけです。つまり、比較的リスクが高いです。

参考記事:「ゲームストップに近づくな。バンクオブアメリカ」

The rising trend toward game downloads will hurt GameStop stock, according to Bank of America Merrill Lynch.
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク