PG&E(PCG)が山火事で倒産の危機に瀕して更に大暴落

PG&E株価大暴落

カリフォルニアの山火事でPG&Eが倒産するんじゃないかという恐怖で株が売られまくっています。17ドルまで下落しました。2001年のカリフォルニア電力危機でも倒産の危機に陥りましたが、今回はどうなるか分かりません。大衆心理というのは一方向に突っ走るので、こういうチャートになるわけですね。

PG&E株価大暴落

上のPG&Eの2001年のカリフォルニア電力危機を起点とした株価チャートはエリオット波動的には、強烈なABC調整っぽいので、上場廃止にならなければ買い場ということになりますが、上場廃止もありえますからね。

僕は少額投資で20株も持っていないので、上場廃止になっても投資家として退場になったりしませんが、アメリカでは老後資金をPG&Eに突っ込んでいる人とかいっぱいいるんだろうな~と思うのでお察しします。

PG&Eの施設からの火花がCamp Fireの原因かもしれず、カリフォルニア州がPG&Eを助けないっぽいので、PG&Eが倒産するんじゃないか?という心理がこの株価の動きです。PBRが0.48倍まで売り込まれてるので倒産を織り込んでいるっぽい気もしますが、どうなるかは分かりません。

株ってこういうことがあるから、集中投資は危険だと思うんですよね。株などの投資でこういう経験を若いうちに何回もしておいた方が良いと思います。退職した後に老後資金を株式に集中投資したら上場廃止という取返しの付かないこともありえますからね。特に、人間はお金に困れば困るほどハイリスクな行動を取るようになりますし。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク