NYダウと日経平均は大幅反発したけれども…GMOインターネットを売却

12月27日はNYダウは史上最大の上げ幅で1000ドル上昇、日経平均も2万円回復しました。こういう極端な上下動があるので、NYダウの売りはやってません。

トランプ大統領がTwitterで株を買い煽ったというのと、空売りしていたヘッジファンドのショートカバーが入っての史上最大の上げ幅だったのでしょう。

個別株では強力な反転シグナルである「アイランドリバーサル」が出た銘柄が大量に出たので、短期的には反発する銘柄も多いかもしれません。

GMOインターネットがビットコインのマイニング関連事業で特損355億円を出したということで、株主優待目的で100株5年以上持ってましたが日経平均に連られて大幅上昇した所で利益確定しました。また下がったら買うかもしれません。

GMOは傘下にGMOクリック証券があるんだから、マイニングしながらビットコインの売りヘッジは当然やってるんだと思ってましたが、やってなかったのか、ちょっとしかやってなかったのでしょうか?よく分かりません。

アメリカのシェールオイル企業みたいに、先物の売りヘッジでビットコインの下落相場をしのぐのではないかと期待してたんですが、そうじゃないみたいです。チャート的には日足でエンディングダイアゴナルっぽいし、悪材料出尽くしでこれから大幅反発する可能性もありそうですが、もういいかなと。

2019年はドル円も株も波乱相場で大きく上下に振られそうだし、なるべくリスク資産は現金化しておいた方が良いと思っているので、持ち株もだいぶ減らしました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク