エポスポイントがもらえる3月末権利確定の丸井の株主優待狙いで買ったが

エポスポイント株主優待

前回までのあらすじ。引っ越した物件の保証会社が丸井のRoom iDだったので、家賃のクレカ払いでポイントをもらうためにエポスカードを作る。エポスカードを持っていると、丸井グループの株主優待でエポスポイントを貰えることを知り、丸井の株をSBI証券のS株で購入し始めた。

という感じでなんですが、やっぱり株主優待狙いで買ったら下がりました。もし100株一気に買っていたら2030円くらいで約定して、その後すぐに1950円くらいまで下落しましたから、含み損が8000円ほどになっていました。2000円程度の株主優待を取りに行って、含み損が1万円とかになるのはよくあります。

5年くらい待てばトントンにはなりますから、放置してればいいんですけど、なるべく含み損にならないようにしたいのは当たり前ですよね。そんなわけで、S株でちょっとずつ丸井グループの株を購入しているわけです。

最初に2030円程度で10株買って、次に1960あたりで15株買って平均取得単価が1987円で合計25株となっています。株主優待の権利獲得までの進捗率25%ですから、まだ買わないといけません。

株主優待の権利確定が3月末ですから、人気のある株主優待はそれに向けて上がっていく傾向があります。だから、株主優待を取らずに売却益(キャピタルゲイン)を狙う方向でも良いわけです。上がってしまったら売って利益確定してしまうかもしれません。

でも、当分は丸井のRoom iDを利用することになるでしょうから、その間は丸井の株を持っていても良いと思っているので、所有し続けるかもしれません。心配なのは、アメリカの景気減速で日本株も下落してしまうことです。消費増税もありますし。

松屋でQRコード決済ができるようになったので、最近よく松屋に行くようになりました。リーマンショック後に松屋の株を持っていて株主優待でランチ食べたりしてたんですが、今見たら株価3倍くらいになってました。売らなきゃよかったと思うわけですが、これもよくあることです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク