丸井グループの株主優待が来た。申請すればエポスポイントもすぐもらえる

丸井グループの株主優待

3月末に権利取得した丸井グループの株主優待が届いていました。だいたい6月下旬に来るようです。クロス取引のコストを計算してみたら、空売りの配当調整金で3000円引かれていました。配当金もほぼ同じくらいもらえすが、配当分は税金分が源泉徴収されているので株式売買手数料含めて800円(税金分600円と手数料200円)くらいのコストで3000円分の株主優待がもらえるということになります。

マルイのWebクーポンとお買い物券は全員もらえますが、エポスポイント1000円分はエポスカードを持っていないともらえません。エポスのゴールドカードだとエポスポイントが2000円分もらえるので、年会費無料でエポスゴールドカードの人は良いですね。

ネット上の噂ではエポスカードでの家賃支払いでも年間50万円以上だと、年会費無料のエポスゴールドカードのインビテーションが来るらしいです。通常の利用でも還元率が2倍になるし、年会費無料だったら欲しいです。

エポスポイントは株主優待のお知らせにあるQRコードをスマホで読み込んで、専用サイトから株主番号と引き換えコードを入力して手続きすると、翌日に1000ポイント加算されていました。早いです。

クロス取引をやってみて思ったのは、権利落ち日のスケジュール把握とか、証券口座への入出金とかがかなり面倒くさいということです。クロス取引用に現金をプールしておかないといけませんし、クロス取引は無理してやることないんじゃないでしょうか。クロス取引以外にもSBI証券のS株を持ってますが、今のところ、S株で購入している丸井グループの含み益の方が株主優待でもらえる額より大きいです。

楽天からの株主優待もクーポンがアカウントに追加されていました。楽天のクーポンは1回100円とかなので、メール便で届く500円くらいの商品じゃないとあまり使う意味が無いですし、6月はドラッグストアでPayPayキャンペーンやってるので楽天を含めてネット通販はiherbくらいしか最近使ってませんでした。

マルイのお買い物券は100円ショップのセリアでも使えるそうなので、そのうち買い物に行きます。含み損だったら、無理してでも株主優待使ってやろう!という気になりますが、楽天も丸井も含み益になっているので、丸井の株主優待を使うの忘れちゃいそうな気もしないでもないです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク