雇用統計を通過してますます良くわからない

雇用統計発表前が青い矢印の場所で、発表後に急上昇してからの全戻し。更に下へ行ってからまた戻って結局、指標発表前より上で引けました。

こんな動きされたら、短期だとロングでもショートでもやられてる人が多いでしょう。

米ドル円はまだマシですが、豪ドル円に関しては安倍政権発足以降に買った人は全員含み損の値位置ですね。昔、銀行で外貨預金を勧められた時に、オーストラリアドルは資源国ですし安全ですよって言われました。

今思うと、資源国だから通貨が安定するとか、あんまり関係無いですね。リスクオフ時に円高になることの説明として、マスコミは「安全資産だから買われる」という報道をよくします。一方で「財政破綻の危機にある」という報道も同時にしますから、かなり適当です。

周りの30代で起業して成功した人達って「日本国債暴落」「預金封鎖」とかを信じている人が多いです。思想的にはリバタリアン的な発想だと思います。一方、そこそこ学歴が高いのにお金があまり無い人たちは宝くじを買ったり、消費増税に賛成したりしてる人が多いです。どちらとも話が合わない。

やはり、身銭を切って投資をすることで、色々と金融や財政に関して調べるようになりますから、投資をやっておくのは良いと思います。もちろん余裕資金の範囲で。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク