トランプvsヒラリーのテレビ討論会の感想

YoutubeでNBCのlive中継を見た感想ですが、テレビ的にはヒラリーの勝ちですね。市場もヒラリー優勢と見て一時的に円安になりました。

最初から、トランプは中国の通貨安政策によってアメリカの雇用が失われていると中国批判をしていました。あとは、メキシコなどからの輸入品にも税金がかからないとか。

このテレビ討論会のルールとして、司会者からの質問にそれぞれ2分間持ち時間が与えられて、そこでは自分だけが話すことができます。それなのに、ヒラリーが話している途中でもトランプが「Wrong!(違う!)」とか何回もヤジを入れるのが印象的でした。

特に、人種(race)のトピックでは、ヒラリーが圧勝だったと思います。司会者が黒人でNBCのテレビ番組を持っている人なんですが、トランプは司会者の誘導を無視して喋り続けたり、質問とは違う話をしたりしていました。また、オバマ大統領の国籍を執拗に追求したこともヒラリーに取り上げられ、人種差別主義者とされることの状況証拠になっています。あとは女性蔑視発言の数々。

安全保障に関しては、トランプは日本や韓国やドイツに駐留しているアメリカ軍の費用はアメリカが払っているとまた主張し、核を持たせても良いというようなことを言っていました。その後、ヒラリーに核がテロリストの手に渡ると危険なので、核兵器自体と持てる国を増やすべきではないと言われていましたが、これにはちゃんと返答できませんでした。

終始、お互いの過去のミスを掘り出し合うみたいな感じで、特に経済に関してはあまり議論も深まりませんでした。トランプは大規模な減税をすると言い、ヒラリーはそれはトリクルダウンの焼き直しで更に極端なバージョンの「Trumped up trikle down」であると批判していました。多分、「トランプだけが儲かるトリクルダウンなるもの」みたいな軽蔑を込めた意味でしょう。

特にヒラリー支持というわけではないのですが、トランプの討論はちょっと酷かったと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク