GPIFの巨額赤字で年金は大丈夫なのか?

ニュースでGPIFの2015年7~9月期の公的年金の運用は、
7兆8899億円の赤字ということをやっていました。

これだけ見ると、超巨額の赤字で、
年金資金が吹っ飛んでしまった!将来が心配!
と思ってしまいますよね。

大企業の損失の隠蔽とかで問題になる数字が数百億とか数千億ですから、
8兆円の赤字ってすごい感じです。

でも、GPIFの累積の利益が45兆円ありますから、
まあ株に突っ込んだらそのくらいの赤字はたまには出るでしょうという感じですね。

今までの累積の利益はGPIFも公表していますが、
ニュースでは短期的な赤字のみ強調されてしまいます。
それだけ見た人は大丈夫なんだろうか?と不安になってしまいます。

事実を捻じ曲げて報道しているわけではありませんが、
「あえてある情報を発表しない」というのも、情報を操作する上では重要
ということですね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク