水曜日のダウンタウンの藤井健太郎さんがカイジをバラエティー番組で実写化

カイジの面白さって、あの独特の心理描写とルールの隙をついたトリッキーな行動だと思います。

以前、どこの局が忘れましたが深夜番組で100万円をかけてリアルカイジみたいな実験的な番組をやってました。色々と訳ありでお金が必要な素人を集めて、知らない者同士2人1組で単純なゲームや暗記で競わせるというものでした。あの番組では、カイジの様に予想外の行動を取って勝つみたいな劇的なこともありませんでしたし、笑いもありませんでした。

今回TBSが作る番組の公式ホームページではカイジの絵を使っているので、カイジというIPを使ったテレビ番組のコンテンツということになります。こういう企画は珍しいです。しかも、演出がクイズタレント名鑑、テベコンヒーロ、水曜日のダウンタウンでお馴染みの藤井健太郎さんですから期待は高まります。水曜日のダウンタウンでも、クロちゃんをさらう時にサングラスに黒服を使ったり、暇つぶしにチンチロを渡すなど色々とカイジネタがありました。

実際に、素人が応募してお金のためにゲームをやるようで、今なら応募可能です。借金は無くても良いみたいですが、お金が必要な理由をアピールする必要があります。

TBSで2017年12月28日(木)よる10時放送の『人生逆転バトル カイジ』の公式サイトです。人生の一発逆転を夢見るアナタにビッグチャンス!

人生を逆転したい…とにかく金が欲しい…
有名無名は問いませんそんな人生の一発逆転を夢見るアナタにビッグチャンス!
しかも、原作のカイジと違ってリスクはゼロ!勝負に負けても追加の負債を背負ったり身体にダメージを受けたりすることはありません
勝ち残った1人は賞金200万円(予定)とゲーム内で獲得した金額をゲット!

リスクはゼロと書いてありますが、想定されるリスクとしてはかなりナレーションや編集の仕方でいじられ自尊心を傷つけられる可能性があること、動画や静止画がまとめサイト上に一生残ってしまうことなどでしょう。でも、面白そうなのでお金が欲しい方は応募してみてはどうでしょう。

カイジはAmazonプライムの人は3巻くらいまで無料で読めますので復習しておくと良いと思います。1日外出録ハンチョウも面白いです。

1日外出録ハンチョウ(2) (ヤングマガジンコミックス)

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク