アラフォー・クライシス(クローズアップ現代)感想 7040問題とは何か?

2017年12月14日のNHKクローズアップ現代は、アラフォー(35歳~44歳)、特に40歳~44歳の危機という特集でした。この就職氷河期世代が、20年前のハンデを今も負っていて、現在の給与でも雇用でも結婚でも割を食っているということです。

正社員になっていたとしても、他の世代に比べると悲惨です。東京大学の玄田有史さんの研究によると、5年前の月収と比べると、35歳~39歳、40歳~44歳の所だけ下がっています。※3000人以上のサンプル数

35歳~39歳は -4300円
40歳~44歳は -23300円

だそうです。

僕もアラフォーで「就職氷河期」世代です。「就職氷河期」はそこそこ有名な大学を出てるのに100社くらい面接しないと就職できなかったりしました。そのため公務員試験の倍率が上がり、就職できるのがラッキーくらいの感じでした。僕はフリーター、公務員試験に失敗、その後契約社員、正社員、自営業と経てなんとかやっていますが、この世代は全般的に大変です。インターネットが無かったらどうなっていたか分かりません。

正社員になってもアラフォー世代は

1. 研修の機会が少ない→キャリアアップが難しい
2. 勤続年数が短い→新卒時に希望の会社に就職できず転職が多い →中小企業が多い
3.昇進や昇格しにくい→大量就職したバブル世代が上で詰まっている

非正規は更に辛いです。

非正規で働く人が取材されていました。45歳の鈴木さん(仮名)は青学理工学部卒業後も、派遣社員としてIT関連会社を7社転々とし、今は月収は手取り15万円で市の臨時職員として働いているとのこと。

現在は中高年の求人も増えているが、正社員として管理職の経験が無いと40代で民間企業の正社員として採用されるのは難しくなっています。そのため、教員免許を取得するため、通信制の大学で勉強中とのことです。

自己責任というよりも、社会構造的な問題となっています。

●7040問題とは何か?

年金暮らしの両親と、独身の40代の子が一緒に生活をし続けると、親が亡くなったり病気になった時に子の生活に危機が訪れるということだそうです。

50代の親と20代の子、60代の親と30代の子が同居する(パラサイトシングル)までは良かったが、70代の親と40代の子が同居すると問題が起こりやすくなるとのことです。40代になると職も見つかりづらくなり、経済的に自立できなくなり、親子の収入は年金のみになってしまうと。

親と同居する未婚女性40代から50代の約7割の生活を親が支えているとのことです。その場合、親が病気になってしまったり、介護が必要になると年金だけで生活するのは厳しくなります。

「ひきこもり」と名の付く集まりに来るのは9割が男性で、女性が集まれる会がなく「ひきこもり女子会」というものが開催されているとのこと。周囲の「普通の」生活をしている人と接するのが辛くなって、人間関係を断ってひきこもりになってしまうというのは分かります。

●課題解決へ

東京しごと塾」という費用が無料で1日5000円支給されるという東京都の支援プログラムがあるそうです。この就職支援プログラムは3ヶ月間毎日あり、企業に実際に出向いて採用担当者の前でプレゼンをしたりする実践的な訓練もあるようです。今まで半数の人が正社員の仕事に就けたということでなかなか良さそうです。

僕も同じ世代で、正社員というわけではないので、他人事とは思えません。20代からネットを使って仕事とか投資とか色々とやってきたのでなんとかなっていますが、運が悪ければクローズアップ現代で取材されていた人よりも悪い状態になっていたかもしれません。親の介護もいつ発生するかわからないし、自分が働かなくてもお金が入ってくるように投資はずっと続けていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク