eスポーツでゲームに負けた人が銃乱射事件 どのゲームだったのか?

アメリカのフロリダ州ジャクソンビルで4人が射殺される銃撃事件がありました。犯人はゲーム大会で負けた人だったようです。日本のニュースではこれが何のゲームだったのか全く分かりませんが、アメリカのニュースではゲームタイトルが出ていました。ジャクソンビルランディングというショッピングモール内の「GLHF Game Bar」で銃撃事件が起こったようです。

このゲーム大会は「Madden NFL Championship Series」の一環で、使用されたゲームタイトルはEAの「Madden NFL 19」だったのですが、アメフトのゲームです。日本版は発売されていないようですが、普通のスポーツゲームです。

これが、FPSの大会だったら「いかにも」な感じなのでゲーム規制論などが盛り上がりやすかったでしょう。ゲームに負けて銃を撃つなんていうのは、アメリカでもレアケースなので、これで「やっぱりゲームは悪い」みたいなことにならないと良いです。

日本のニュースって誰々が不倫したとか、台風でケガしたとか、銃撃事件が日常茶飯事のアメリカのニュースに比べると平和です。Gun Violence Archiveによると、2018年8月時点で2018年内のアメリカの銃での死亡者数は約9000人になっています。

上の図はGun Violence Archiveが2018年8月現在までの2018年の銃撃事件をマッピングした地図ですが、これを見るとアメリカ旅行をするなら南東部よりは北西部の方が銃撃事件に出会う可能性は低そうです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク