親の免許返納問題 車が無いと生活できない場所に実家がある場合どうするのか?

実家が田舎で車が無いと生活できない場所にあります。最寄りのコンビニが徒歩30分くらいの場所で、スーパーに歩いて行ったら買い物と往復で2時間くらいかかるのではないでしょうか。多分、家を買う時に「自分が70歳を超えた時のこと」なんて考えていなかったと思います。

実家の近所に80歳を超えて認知症になった奥さんを介護している人がいるそうです。その男性は腰も曲がってしまっているのですが、原付きでスーパーに買い出しに行ってるそうです。老老介護もそうですが、いつか子供を巻き込む事故を起こしそうで、聞いているだけで怖いです。

それで、たまに実家に帰ると車で駅に迎えに来てもらうわけですが、もう親が運転する車に乗るのが怖いです。駐車場の車止めに乗り上げることはしょっちゅうだし、ポールにぶつかりそうになるし、もういつ事故を起こすか分かりません。

そのうち事故を起こすだろうし、何かの病気になったら車に乗れなくなるのだから、元気なうちに車を処分して駅前に引っ越してもらいたいのです。高度経済成長期で日本経済が一番良い時期に働いて、年金もけっこうな金額をもらっているはずなのだから、駅前の賃貸マンションに引っ越すのは十分可能だと思うんですが、全然車を処分する気も引っ越す気無いんですよね。

親が事故って自分だけが怪我したりするならまだしも、他人を巻き込んだら大変です。特に未来のある子どもの命を奪ってしまったりしたらとか考えると、そっちの方が心配です。

ちょくちょく引っ越しを考えるように言っているのですが、免許の返納をしてくれる気配はありません。こういう時に、高齢者の運転問題についてワイドショーや週刊誌で大々的に報道してくれると、高齢者世代は危機感を募らせるので、たまにはテレビや週刊誌などのオールドメディアも役に立つかもしれません。

引っ越さないまでも、ネットスーパーとタクシー利用での生活は可能です。その方が車の維持費も払わずに済み、経済的ですし。でも、いつか体が思うように動けなくなると思うので、駅前に引っ越した方が良いと思うんですよね。

自動運転が一般人が使えるくらいまで実用化されるのはまだまだ先だと思いますから、もしこれから家を買うのであれば「車が使えなくなった時のこと」も考えて購入した方が良いです。

あと、その辺鄙な場所にある築40年以上の実家を相続したらどうするか問題というのもあります。売れないだろと。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク