大学生の間で流行中らしいUSB50万円詐欺

ヤフーニュースに「先輩、一生恨みます」大学生をカモにした “50万円USB詐欺” 組織の実態という週刊女性の記事がありました。

バイナリーオプションの必勝法が入ったUSBメモリを50万円で買わされるという詐欺の被害者は大学生に多いようです。この手の話は都心のカフェに行くと実際に周りで勧誘していることが多いので、暇で興味がある人は昼間に渋谷とか西新宿のカフェとかに行ってみると良いです。

週刊女性の記事をまとめると、被害者の大学生は「すごい投資家」を友人から紹介されて、クーリングオフもできるから、借金してでも買った方が得するみたいな感じでUSBメモリを買わされる。約50万円は嘘の目的で申請して学生ローンを使用。クーリングオフが可能な期間中はセミナーなどで連日呼び出して考える暇を与えない。

実際に必勝法通りにやっても負けるだけだった。幹部からもっと資金を増やせば良い、そのUSBメモリを友人に売りつければお金が入るということを言われて、友達を勧誘するようになる。ある人はそのまま幹部になり、被害者は加害者へと変わる。

というような話です。

結局、「そんなに稼げる投資法があるなら、他人に必勝法を売るなんていうリスキーなことせずに自分だけで勝手にお金増やしてればいいじゃん」ということなんですよね。

不動産投資の押し売り営業とかもあります。不動産投資で儲かる物件を取り扱ってるなら、なぜ飛び込みで営業なんてしているのか?自分で不動産投資すればいいのに。

「自分の知らないどこかに存在する必勝法」を使えば投資で勝てると思っている人が多いような気がします。

あと、仮に必勝法があったとしても、大勢の人が群がることですぐにその手法は使えなくなってしまいます。だから、普通は必勝法を見つけたとしても他人には教えず、稼げる限界まで秘密にしておきます。

「じゃあ、なぜ教えるのか?」ということに納得できない限り、その手の話には乗らない方が良いと思います。

詐欺の手法として、「詐欺を叩いて自分の誠実さをアピールして別の詐欺に引っ掛ける」ということもあります。友達関係を気にする大学生だったら、数%は引っかかってしまうのはしょうがないかもしれません。

特に老後資金の不安を煽るのが効果的みたいです。「自分は大丈夫」と思わずに、詐欺には引っかかるものだと思っていた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク