三分の一のアメリカ人はトイレの後手を洗わない

アメリカの公衆トイレに行って周りの人を観察して思いましたが、手を洗わない人が多かったです。握手する文化なのに手洗いの習慣というのはあまり根付いていなかったのでしょう。

CDC(アメリカ疾病予防管理センター )は手洗いを推奨していましたが、コロナウイルスが流行するまでは手洗いする人は少なかったようです。

Well, the obvious answer is to wash your hands. Sounds easy enough, right? Well, the sad fact is that many people don’t. One-third of Americans admit that they don’t wash up after using the bathroom. And that’s just the ones who admit it! And even of the ones who do wash, many don’t wash the right way.

One-third of Americans admit that they don’t wash their hands after using the bathroom. Here’s why you should.

コロナウイルスのアウトブレイクの前は、日本でも手を洗わない男性はけっこう多かったし、電車の中で指で鼻をほじってるおじさんを何回も見たことがあります。

それでも、日本人は他国に比べると全体的に潔癖症的に綺麗好きなので、まだ感染が広がりにくいのかもしれません。

ディビジョンエージェントの皆さんは既にご存知かもしれませんが、2001年にアメリカ政府が行った天然痘ウイルスによるバイオテロの シミュレーション があります。そのコードネームが「オペレーションダークウインター(Operation Dark Winter)」です。

世界的なサプライチェーンや複雑なシステムに支えられている社会は、バイオテロに脆弱であるという結論です。それに加えて、アメリカ人は手を洗わないというのもあるでしょう。

オンラインゲーム『ディビジョン』の世界はこのオペレーションダークウインターに基づいていて、兵器化された天然痘ウイルスが、ブラックフライデーの日にドル紙幣によってばら撒かれることになります。

そして、社会は崩壊しDirective 51が発動され、平時は「スリーパー」として普通に生活しているディビジョンエージェントが招集され、治安維持活動にあたることになります。

Directive51は実在するのですが、詳細はよく分かりません。アメリカが存亡の危機に陥った場合、政府の存続のために三権分立の制度を超越した権限を得る機関ができるようです。

3月前半にディビジョン2(DLCのウォーロードオブニューヨーク)をやってて、ニューヨーク証券取引所(ゲーム内ではNYSEではなく、New York Financial Exchangeとなっている)のミッションをクリアしたら、「株価急落」っていうタイムリーなトロフィーを取得しました。かなりタイムリーな題材のゲームなので、今後「オペレーションダークウインター」「大統領令51」というキーワードが注目されるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク