新型コロナウイルスの影響でアメリカ人の3分の1が家賃滞納?

アメリカでは4月に3分の1の賃貸物件で家賃滞納がみたいなニュースがTwitterに上がっていたので、原文を読んでみたら、みんなが想像しているような事態ではありませんでした。

Nearly A Third Of Renters Didn’t Pay By 1st Week Of April

「三分の一近くの賃借人が4月第一週までに支払わなかった」というようなタイトルでNPRやWSJなどにニュースとしてあがっていますが、このニュースのデータ元のサイトにはもっと詳しく書かれています。

Methodology
Data are for each week ending Sunday night—the first week is April 1-April 5, the second week is April 6-12, etc. Partial payments are counted only once monthly, and the payment is captured in the first time period in which it occurs. If a resident pays a quarter of their rent during the week of April 1, it would be captured in the first week. Subsequent payments that month would not be captured in the data.

NMHC Rent Payment Tracker

なんかアメリカ人の3分の1が家賃を滞納したみたいな感じに見えますが、単に「4月の第一週に支払われた家賃が7割」ということです。通常は8割が支払われているので、1割減ったということです。

だから、滞納した人が3割もいるということではありません。

それでも、家賃を払うのが大変になっている人が増えているのは事実でしょう。こういう混乱している時は色々と事実が曲がって伝わりやすいので、あんまりSNSの情報を鵜呑みにしない方が良いですね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク