プエルトリコのデフォルトはタイミングを合わせたのか?

昨日のプエルトリコのデフォルトはやけに小さいニュースとして扱われていました。

ギリシャがデフォルトするかもっていう日にプエルトリコがデフォルトって、狙ってますよね。多分、この日にデフォルトしちゃえば、投資家はギリシャで身構えてるから、そんなに迷惑かけないだろうという判断じゃないでしょうか。

最近やけに小型株の調子が良いようです。でも、多くの新興市場銘柄は1年以上も調整しています。僕も900円くらいで買ったフライトホールディングスがけっこう含み損ですから、そろそろ上がって欲しいんですよね。いつも、ちょっと上がったら売られて安値切り下げ、またちょっと上がって安値切り下げという連続でした。

今日も一旦上がったのでまたどうせ下がるんだろと思ったら、出来高100万株以上になり、後場になってまた盛り返しました。これは、珍しい。そろそろ本格的に上がって欲しいです。アップルペイとかマイナンバー制度とか、材料はけっこうあるので材料株としてそろそろみなさん気づいてくれないかしら。

GMO cloudを買い増ししました。ネット上の認証サービスとしてグローバルサインはセキュリティー関連の本命の材料と見られても良いのに、ずっと放置されてるんですよね。やっぱり、下げている時に買っておかないとと思いまして。今日、ゲームアプリ開発用のサービス「Marmalade」を日本で販売開始したようです。これはそんなに株価は反応しなそうですが、photonには期待しています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク