確定申告での特定口座の損益通算と損失の繰越しの書き方

特定口座では、証券会社が所得税と住民税を源泉徴収してくれるので、本来は確定申告をする必要がありません。

でも、損失が出た時には、損失の繰越しもできますし、複数の特定口座での損益通算もできます。

特定口座を選択していても確定申告をした方がお得な場合

1. 複数の証券口座があり、A口座では利益 B口座では損失 が出ている
2. 損失が出たので繰り越したい
3. 1と2の両方

のパターンがあります。

逆に特定口座で何もやらなくて良い場合にというのは、「利益が出ている口座しかない場合」です。僕の場合には、損失も出ているし、3つある証券口座によって利益が出ていたり、損が出ていたりバラバラという場合でした。

たとえば、同じ年度内に

A証券で100万円の利益
B証券で200万円の損失

合計で100万円の損失

という場合、特定口座のためA証券で既に約20万円分の税金が引かれています。でも、B証券も合わせると100万円のマイナスですから税金を払う必要がありません。だから、確定申告で特定口座の損益通算をすると約20万円の還付金がもらえます。

そして、損失を申告することで3年間損失の繰り越しができるので、確定申告をやった方がお得です。

でも、この手続をするのに必要な用紙とか書き方などをネットで調べてもなかなか見つかりません。そこで、使えるのが国税庁のホームページにある確定申告の書類作成ページ「確定申告書等作成コーナー」です。年度ごとにURLが変わるようなので、国税庁のトップページからリンクをたどっていくのが良いです。

官公庁が作るサイトなんて全然使えないだろうと思い込んでいたのですが、単に指示に従うだけで簡単にできました。書類も数字が記入されたものをPDFでダウンロードできるので便利です。ネットで調べた数時間が無駄でした。最初から国税庁のページに行けば良かったです。FXや先物取り引きの損益通算や損失繰越しにも使えます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク