マネパカードのキャッシュバックは確定申告が必要?

FX会社で年間損益計算書とかをダウンロードしたり、確定申告の準備をしていて気になったことがありました。そういえば、マネパカードの使用でもらっているキャッシュバックは確定申告でどうなるのだろうかと。

マネーパートナーズのプリペイドカードであるマネパカードは1.2%と還元率が良いので普段の買い物でよく利用しています。クレジットカードやデビットカードだとポイント還元ですが、マネパカードはキャッシュバックなのです。よく近所のスーパーで使っているので毎月300円から500円くらいのキャッシュバックをもらえています。

マネパカードにログインしてお知らせを見たら、キャッシュバックは一時所得になるとのこと。ちなみに、マネーパートナーズで証券口座を作ってFX取引をすると、建玉数や取引枚数などに応じてキャッシュバックがもらえます。僕の場合nanoですし、大したポジションを持っておらず1月に10円くらいしかもらえません。年間100円から200円くらいですね。大量に取引しないとほとんど意味がありません。

こうしたキャッシュバックは、一般的には一時所得で50万円の特別控除があるため確定申告する必要がありません。ただ、僕の場合生命保険の解約返戻金を受け取っているので特別控除の50万円の枠を使い切ってしまっているため、こうした細かいキャッシュバックに関しても今年は確定申告する必要があります。

確定申告って面倒でついつい後回しにしてしまいますが、なるべく2月中には終わらせたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク