50万円の元手で投資で年間いくら稼げるか?

テレビ東京のWBSの特集で高利回りをうたう投資で騙された人を紹介していました。年利700%くらいの投資ということで紹介されて、最初は管理画面でお金が増えていたので更に入金したら、結局出金できなくなってしまったようです。被害額は50万円くらいでした。

投資をやったことが無い人、これからやろうと思っている人と話していると、大体50万円の元手で月に5万円くらい稼げれば良いと思っているようです。

月に5万円だと年間60万円ですから、年利120%です。月に3万でも年利72%です。50万円分株を買って、たまたま4倍とか5倍になったとかそういうことは起こりますから、年利700%も不可能ではありません。たまたま1回は上手くいくということはあります。

ただ、東証1部の大型株が1年で5倍になるなんてことは、ほぼあり得ないので、株だったら新興市場の小型株を扱うことになります。値動きが激しいということは、株価が5分の1になるリスクもあるということです。

そんな宝くじを当てるようなことをコンスタントに複数年続けるというのは無理です。リスクを抑えるとどうしても年利5%程度になってしまいます。年利3%でも高すぎると言う人もいますし。

50万円の年利5%というと、25000円です。

25000円 ÷ 12 = 2083.3円

50万円を年利5%で運用できたとすると、月に2000円程度になります。年利15%でも月に6000円程度ですから、50万円が生み出す金額は、一般的に思われている金額よりもずっと少なくなります。

信用取引やFXの様にレバレッジをかければ年利10%から20%程度はいけますが、「レバレッジをかける」というのは、つまりは借金して投資をしているのと同じですから、リスク管理ができないといけません。

しかも、毎月コンスタントに同じ割合で資産が増えていくということもありません。減ったり増えたりを繰り返して短期的には増えていないように思えても、長期的には増えているというような感じになります。

投資で稼ぐと言っても、50万円の元手で月に稼げる金額は、良くて6000円くらいということです。そして、年利5%のパフォーマンスを10年続けるなんて、かなり難しいことです。ちなみに、年利5%で運用できると仮定して、月に5万円の収入を得るために必要な元手をx円とすると、

0.05x = 50000 × 12 ですから、

x = 12000000

つまり1200万円の元手が必要です。理想と現実の乖離がすごいですね。そもそも、年利5%で増やせる投資法を確立するのが非常に難しいんですけどね。ゼロから投資を始めたら、経験不足なのでプラスにするのが難しいです。マイナスの月が3ヶ月連続で続いたらその後儲かったかもしれないのに途中で止めてしまうでしょうし。相場で儲けられるようになるまで5年くらいは試行錯誤をする必要がありますから、そのコストを考えるとバイトでもした方がマシということになってしまいます。

50万円を短期間で1億円にできる可能性も無きにしもあらずですが、それは10万人とか100万人に1人のハイリスクハイリターンの勝負にたまたま勝てた人です。ハイリスク・ハイリターンの勝負で失敗した人たちが本を出したりセミナーをやることもありません。あと、IPOも儲かるやつはほぼ当たりません。

では、なぜ僕がそれでも投資をやるかというと、今後AIの発達やロボット化で仕事は減るでしょうし、病気で倒れた時に収入があるようにしたいからです。短期的にお金を得たいのであれば、投資以外の副業の元手にした方が良いでしょう。長期的に考えるなら、50万円失敗してもいいから投資の練習をするという感じですね。

前回、50万円の元手で投資で年間いくら稼げるか?という記事を書いたのですが、今回は実際に40万円を運用した結果を紹介したいと思います。豪ドル...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク