住宅ローンを組んだ人が話さないこと

30代になると、元同僚が結婚していたり、家をローンを組んで買っていたりします。人間は身近な人を価値基準にしがちなので、自分もそうしなきゃ!と思って同じような行動を取ります。周りがローンを組んで家を買っているから家を買わないと。みたいな。そうなると、「家を買う」ことのメリットばかり探し始めてしまいます。そして、35年ローンを組んでしまったら、もうローンのデメリットとか持ち家のリスクなどには意識が向かなくなります。

注意したいのは、本人は自分からは言わないけれど、ローンを組むのに親から多額の援助をしてもらっているケースがけっこう多いことです。これは、統計では出てないので何%とか言えませんが、自尊心からか親に500万円とか1000万円とか出してもらったというようなことを言う人は少ないはずです。いかにも自分で全てのお金を出しているかのように見せながら、実は家やマンションの費用の大部分を親や祖父母に出してもらっているケースがあるはずです。

周りもやっているから自分も大丈夫と思っていると痛い目にあるかもしれません。それは、学生時代にテスト前に「勉強全然してねー」とか言ってめちゃくちゃ勉強している人が沢山存在していたのと一緒です。「住宅ローンが大変なんだよ~」っていうのは、単なる偽装かもしれませんよ。ちなみに、僕は家やマンションを現金で買うお金が無いなら賃貸にすべしと思っていますので、ずっと賃貸です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク