自分の保有株の銘柄を他人に言わない方が良い理由

ブログのネタになるので、自分の保有株やFXのポジション状況をブログで報告している人は多いです。僕もいくつか公開していますが、公開しているのは100株だけとか、単元未満株などの少額で買っている株のみです。大量に買っている銘柄、大きなFXのポジションなんかは他人に言わない方が良いと思っているからです。

投資で大失敗する理由の一つとして「他人にすごいと思われたい」という気持ち、つまり承認欲求があります。

大きなポジションを他人に教えてしまうと、損切りしにくくなります。なぜなら、損切りは自分の判断の失敗を他人に教えることになるからです。やっぱり人間ですから、失敗を他人に知られるというのは嫌ですよね。そのため、損切りできずに塩漬けとなります。

たとえば、知人や友人の会話の中で「Aという株がこれから上がると思う」と言って、実際に購入するとします。そうすると、上がっている時は「ほら、言ったとおりでしょ」という感じですが、下がってしまったら言ってしまった手前損切りできないし…ということでそのまま保有し続けることになりがちです。「一貫性が無い」「ブレている」と思われることは嫌だからです。

投資をやる一番の理由は「お金を増やす」ことであって、承認欲求のためにやるのではありません。

他人に言った後でもすぐに損切りできてしまう人は良いですが、普通は自分のポジションを公言することで投資判断が狂う確率が高いです。

株主優待や配当目的で将来売るつもりも無いというポジションだったら、大きくてもまあいいかもしれません。基本的には、大きなポジションはブログで公開したり、他人に言ったりしない方が良いと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク