パチンコで生活できるのか?

お金を簡単に増やしたい、と思うと真っ先に出てくるのが宝くじとパチンコじゃないでしょうか。投資はある程度の知識と元手が無いと始めにくいという思い込みがあるので、実際に始める人は少ないです。でも、パチンコ屋って日本中にあるので、敷居は低いでしょう。闇金ウシジマくんに出てくる人たちもだいたいパチンコかスロットやってますし。

何かと話題のN国党の党首の立花さんって、NHKを内部告発してNHKを辞めてから政治家になるまでパチプロとして生活していたとYouTubeの動画で言ってました。パチンコで勝つには要するに「大数の法則」で、試行回数を重ねるほど確率が収束するので、長時間打ち続ける必要があるとのことです。

実際、僕の周囲にも一人だけパチンコで生活費が稼げる人がいるんですが、データを取ったり打ったり10時間以上お店にいないといけないので肉体的にけっこうしんどいようです。パチンコ屋の店内って、理性的な判断力を鈍らせるためか大音量と光で攻めてきますから、脳の披露も相当なものでしょう。

タバコ臭くなるし、音はうるさいしパチンコ屋の店内にいたくないので、パチプロになろうって思ったことは一度も無いですし、ちょっと教えてもらったけど自分には無理だな~と思いました。あと、パチンコは昔に比べると換金率の規制か何かで詳しくはよく分かりませんが、儲けにくくなっているようです。

パチンコで勝てるのは事実っぽいですが、パチプロになるには相当な研究と努力が必要でしょう。パチンコ屋で1日10時間以上打ち続けることができて、データ収集と分析が嫌いじゃなければ、パチプロになれるかもしれません。芸能人としてバイトしないで生活していくよりも、パチプロになる方が現実的な気がします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク