投資詐欺で損した話。詐欺案件は友人知人からも回ってくる

Twitterのリアルタイム検索でFXのワードを入力すると、これ99%詐欺だろうっていうのがすぐ3つ見つかりました。(※LINEで●●の必勝法教えますみたいなのは無数にあるので除く)。1つは海外FXに絡んだやつで、2つは海外の高利回りファンドみたいなやつです。ノーリスク/ローリスクで高利回りのものは怪しいと思った方が良いでしょう。

極稀に本当に稼げるバグの様な状況が発生することはあるのですが、そうした裁定機会はすぐに埋まってしまいますから、長期的に高利回りというのはまず無理です。

もふもふ不動産っていうYouTubeチャンネルは一見コワモテのもふさんがやってるんですけど、この人かなり頭良いと思います。その中で怪しい投資詐欺の見分け方というのがあって、分かりやすいです。

これに付け足すと、友人知人からも詐欺案件は来ます。

恥ずかしい話ですが僕も詐欺案件にやられたことはあります。こういうTwitterとかじゃなくて、15年くらいの付き合いでお世話になって信頼している人から来たんです。だから、詐欺かもしれないと思っても乗ったのですが、結果詐欺でした。よくあるポンジースキームです。

ポンジースキームっていうのは、高配当を謳ってカモからお金を集めて、カモから集めたお金を配当として分配するため、いつか破綻(持ち逃げ)される定番のやつです。闇金ウシジマくんでは、丑嶋くんはポンジーと分かって乗っていきます。たしか『元ホストくん』の回で出てきます。

ポンジースキームでは最初は信用を得るために、実際に配当がもらえるわけです。だから、ポンジースキームだと分かっている場合、最初の方でやめて逃げ切れれば儲かります。「お金返して」と言われた時に返さないと、すぐに口コミで広まるため、最初の方は詐欺でもちゃんと返すわけです。

だから、詐欺だと分かって乗ってる人にとってはチキンレースとも言えます。ネット上ではちゃんと出金されてるから詐欺じゃない、みたいに思っている人も多いようです。最近の詐欺の傾向としては、長く引っ張って太らせてからから…というのがアレっぽいです。

当時の僕は投資経験はほぼ無かったけれど、ポンジースキームも知っていたし、詐欺じゃないかと思ってました。でも、「万が一本当だったら、人生最大のチャンスを逃すかもしれない」と思ってお金を入れちゃったんですよね。信頼してる人だったし。当時の全資産の10分の1程度だったし、半分くらいは戻ってきたので人生設計に影響はありませんでしたが、良い勉強になりました。

ブログとかTwitterで、これ詐欺だろっていうの本当にたくさんありますからね。

詐欺にあう人を馬鹿にする人は多いですが、「住宅ローンで不動産投資をする」という話に乗せられてバレて一括返済を迫られ人生が詰むということもありえます。少額で詐欺に一度くらいあっていた方が、後々大怪我をしなくて済むかもしれません。ただ、詐欺に一度あった人はまたやられるということも。

実際、知人でFXファンド、ワインファンドなどことごとく話題の詐欺にやられてる人もいます。結局、全部ポンジースキームでした。「今回の案件がもし本当だったらチャンスを逃してしまう…」と思ったのかもしません。勝手な想像ですが。

ちなみに、インデックス投資はまともな投資だと思いますが、一見楽に見えて全然楽じゃないんです。短期的には全然儲からないように思えるし、含み損の期間が5年以上とかもありえます。楽して稼げる物はありません。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク