One Tap Buyではじめての日本株購入

One Tap Buyで初めて日本株を買う

11月22日の夜にみずほ銀行のOne Tap Buy専用口座に振込をしたのですが、11月23日が祝日なのでOne Tap Buyの口座に資金が反映されたのが11月24日の朝10時くらいでした。ちなみに、僕はみずほ銀行がメインバンクなので、みずほ銀行のマイレージ特典により、みずほ銀行本支店への振込(つまり、ワンタップバイへの入金)は無料になってます。みずほ銀行を利用している人は、マイレージ特典が使えるかチェックしておいた方が良いです。

3万円の資金がワンタップバイの口座に反映されたので、早速買おうと思っていたソニーの株を1000円分買いました。

購入は簡単です。企業名をタップしてから金額を選択して「買う」をタップします。
One Tap Buyで購入

他人に勝手に買われてしまうことをパスコードで防げます。省略可。ここで手間取るとタイムアウトしてしまうので注意。

ワンタップバイは誤発注しにくい仕組みになってますが、金額をちゃんと確認しましょう。
ワンタップバイの確認画面

「買う」をタップで購入完了します。Amazonのワンクリックみたいに、ワンタップで株が買えてしまったら誤発注が多くなると思いますから、数タップ必要なのはしょうがないと思います。

あなたは経営者よりパワーをもちました

1000円分買った瞬間にマイナス10円になりますが、それは売り買い両方の手数料5円×2=10円の分です。ワンタップバイで買った瞬間マイナスになるとびっくりする人もいるかもしれませんが、手数料分です。

購入が完了すると

「あなたは経営者よりパワーをもちました」

急にRPGのイベントクリア感。

最初、意味が分かりませんでしたが、「あなたは会社のオーナーになりました」っていう意味なんだと思います。株主ということは、どんなに小さい単位の株しか持っていなかったとしても「オーナー」と言えますからね。

このブログのPS4のカテゴリーを見てもらうと分かると思いますが、僕はかなりアメリカのPS Storeを利用しています。海外では家庭用ゲーム機と言えばソニーで、アメリカ人の中にはソニーはアメリカの会社だと思っている人が多いです。そんなわけで、ソニーがけっこう好きなのでソニーの株をこれからも買っていきます。

他には、花王とみずほ銀行を1000円ずつ買ってみました。


そして、東京市場が閉まる15時になってから、ワンタップバイのアプリを確認すると、+3円!

長期投資するなら、日々の細かい値動きなんてそんなに気にしなくても良いです。というか、初めて株をやるのであれば、これくらいの資産増減じゃないと、気になって日常生活に支障をきたす場合があります。

だから、株の初心者が投資に慣れるには良いと思います。たとえば、花王の株を1000円分でも買ったら、テレビCMで花王の商品が紹介されると、こんなの出してるんだ!とか見るようになるので、世界の見え方が変わります。「株式フィルター」みたいな。逆に、このサービス良いけどどこの会社がやってるんだろう?とか調べるようになりますし。

そういうことが小額でも株をやるメリットですね。
↓次はアメリカ株を買ってみました。

前回は日本株を購入したので、今回はアメリカ株を購入してみました。ワンタップバイでのアメリカ株購入手数料は、ニューヨークの開場時間(冬時間だと...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク