ワンタップバイ投資でSONYや任天堂の株価に影響を与えるE3 2018

現在ワンタップバイで日本株のSONYの株を1万円分くらい買って、含み益が500円ほどになっています。

ワンタップバイでSONYや任天堂の株を持っている人でも「E3」って聞いたことも無い人が多いかもしれません。

E3というのはゲーム好きじゃないと知らないと思いますが、Electronic Entertainment Expoの略で「イースリー」と呼ばれています。コンシューマーゲームの世界最大の見本市です。E3で発表される情報は世界中で話題となるため、ゲーム関連での株価材料となることも多いです。大口の投資家でゲームに詳しい人ってほとんどいないと思いますので、それほど大きく株価を動かす材料とはなりませんが。

E3 2018でPS4のソフトが色々と発表されました。特にUBISOFTの『アサシンクリード・オデッセイ』、『The Division 2』が楽しみです。アサシンクリード・オデッセイは剣と盾でのアクションが進化していそうな期待感があります。ディビジョン2のβテストには既に登録しておきました。ディビジョン2は1人でも十分遊べるゲームにして欲しいですね。ディビジョン2の舞台はワシントンDCの様です。

あとは、ベセスダの『Fallout 76』、スクエニの『シャドウオブトゥームレイダー』、『ジャストコーズ4』なんかも買ってしまうでしょう。個人的に一番楽しみなのはEAのアクションRPG『Anthem』です。『Cyberpunk 2077』も気になる。

これから発売されるPS4専用ソフトだと大量のゾンビが出てくるサバイバルオープンワールドゲーム『Days Gone』、詳細がまだ分からない小島秀夫監督(コジマプロダクション)の『デスストランディング』、『ゴースト オブ ツシマ』、『スパイダーマン』などが期待されます。PS4専用タイトルって『ゴッドオブウォー4』とか『ホライゾンゼロドーン』とかクオリティーの非常に高い作品が多いので、SONYの売上に貢献してくれると思います。

E3は情報が多すぎて、全部は追えてないんですが2018年~2019年は他にも面白そうなソフトが色々ありそうです。

2018年に買う予定のPS4ソフトは『スパイダーマン』『レッドデッドリデンプション2』『アサシンクリードオデッセイ』『シャドウオブトゥームレイダー』なんかですね。

ワンタップバイでSONYや任天堂の株を買っている人は、E3の情報なんかも仕入れてみると良いと思います。また、ゲーム好きの方は、ワンタップバイの日本株でソニーや任天堂の株を買ってみると、ゲームに対して違った見方ができるようになってより楽しめると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク