2018年8月中旬のOne Tap Buy投資運用成績

8月は夏枯れ相場と言われてダラダラ下げるイメージです。2018年8月の一番の話題はトルコリラの急落でしょう。1日か2日で20円台から15円台まで一気に下落しました。下落幅からすると大したことが無いように見えますが、25%以上の減価ですからドル円が1日で100円から75円に落ちたような感じです。

今のところトルコリラの暴落は株式市場にはそれほど影響が無いようです。

ただ、日本の新興市場はマザーズ指数が1000くらいまで下落しているので、個人投資家は含み益の減少、含み損の拡大でダメージを受けている人が多いと思います。特に、新興市場のスマホゲーム関連株の下落がひどいです。

ワンタップバイで買える日本株の銘柄は東証一部の大型株ばかりなので、ワンタップバイをやっている人はそれほど影響を受けていないのではないでしょうか。


日本株は投資元本が29000円で含み益が1341円(+4.6%)
アメリカ株は投資元本が21000円で含み益が2803円(+13.3%)となっています。

アメリカ株強いな~という感じです。高金利通貨を買うよりは、アメリカの高配当株を買っていた方が全然安心できますね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク