ワンタップバイ1年間の投資運用実績

ワンタップバイ1年間の投資運用実績

アメリカの中間選挙、FOMCが終わって大きなイベントが特に無い状態です。12月に利上げするのを織り込んでいる状態でしょう。ドル円は114円台になってます。


ワンタップバイの米国株はAmazon、アルファベット、アップル、インテルなどのテック系の株は全部売りました。後残っているのは、アメリカの景気がピークアウトしても下落幅が小さくなるであろう高配当銘柄のみです。

日本株は楽天が下落している最中に何回か買い増ししました。その後900円台まで戻ったのでプラスになっています。

ワンタップバイを始めてから約1年経ちました。ワンタップバイは他の証券会社の様に銘柄ごとの実現損益が出ないので細かい利益確定額を算出するのが面倒です。ざっくり口座全体で見ると、配当金、実現益、含み益を合計するとプラス8601円となっています。投資金額が6万円(口座に入っているけど使っていない余力が3万円)でプラス8601円ですから、年間成績プラス14%でそこそこ良い成績じゃないでしょうか。

ワンタップバイのアプリごとに分けると

日本株 投資元本35000円 含み益4039円
米国株 投資元本13000円 含み益1747円
積み株 投資元本13000円 含み益1364円

となっています。確定益と配当を合わせた額が1451円です。

みずほ銀行からワンタップバイの口座に2万円入金しておきました。それにしても、みずほ銀行はたびたびメンテナンスでログインできなくなったり、ATMが使えなくなったりして、ユーザーとしてはメインバンク変えたくなりますね。

アメリカの景気後退までは本格的に株を購入したくないので、ワンタップバイで少額投資をして待ち続けます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク