2018年10月下旬の楽天ポイント投資運用成績 米中冷戦?

楽天ポイントがまだ9000ポイントくらいあります。たまに、楽天TVで2000円以上の購入で80%ポイント還元というメールが来るので、その時にまとめて見たい映画を見てます。

2000円分映画をレンタルしても、後で1600ポイント戻ってくるため、実質400円で5本くらい新作映画をレンタルできます。かなりお得です。ポイントは期間限定ですが、楽天ペイを通せば100円ローソンで使えるので、期間限定でも良いです。

最近は、レディープレイヤーワン、マイティーソーバトルロイヤル、デッドプール2、メイズランナー、ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡、アサシンクリードなんかを見ました。アサクリの映画はつまらなくて途中で見るの止めちゃいました。最近のアサクリオリジンズとアサクリオデッセイが面白かったので、ちょっと期待してたんですが期待外れでした。

楽天TVの良いところは、アプリで2倍速で見ることが可能なところです。NetflixやAmazon PrimeはPCで見るなら2倍速はできますが、スマホやタブレットのアプリでは2倍速にできないんですよね。

楽天ポイント投資は、先週下がった所で1500ポイント分くらい購入しました。

楽天・全米株式インデックス・ファンド 評価額5,001円 評価損益+228円
iFreeActive ゲーム&eスポーツ 評価額6,139 円 評価損益-361円

両方とも元本は100%楽天ポイントです。

10月4日のペンス副大統領の演説(China Speech)は、アメリカの中国に対する実質的な宣戦布告説があります。実際にペンス副大統領の演説を聴くと、けっこう中国ディスってますね。仮に米中冷戦が激化すると、iFreeActive ゲーム&eスポーツに含まれているテンセントとかめちゃくちゃ下がりそうな気がするんですが。

ポイント投資なので下がっても良いんですが、投資家としては米中冷戦激化シナリオも考慮してリスク管理しておく方が良いでしょう。投資に重要なのは、どうなるかを予測することではなく、どっちに転んでも良いようにしておくことだと思います。僕はもともとキャッシュポジション多めなので、楽天ポイント投資以外の投資も特に方針に変更は無いです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク