楽天ポイント運用は楽天証券の口座が必要無い

楽天ポイント運用

楽天ポイント運用と楽天証券の投信ポイント購入は別物

楽天証券でのポイントでの投資信託購入はずっとやっていたので知っていました。楽天ポイントアプリに「ポイント運用状況の確認」というメニューがあったので、「ああ楽天証券でポイント使えるやつでしょ」と思いましたが、一応見てみました。

そしたら、「ポイント運用」というのはポイントで2種類のファンドに連動して運用できるというもので、楽天証券のポイント投資とは別物でした。

ポイント運用って、てっきり楽天証券のサービスだと思ってましたが、違うやつもあったんですね。

ちなみに、SPU(スーパーポイントアッププログラム)でポイント倍率が上がるのは、楽天証券での500ポイント以上の投信購入です。この「ポイント運用」はSPUとは関係ありません。

1000ポイントを「アクティブ」に入れてみました。「アクティブ」と「バランス」があるんですが、元本がポイントなんでハイリスクハイリターンの「アクティブ」にする人が多いでしょう。100ポイントから運用できて、1ポイントから引き出せるとのこと。

楽天カード利用者にとっては、楽天ポイントが一番貯まりやすいので、楽天ポイント運用は手軽に始めやすいですね。他にもやっているポイント投資サービスが2つあります。

DoCoMoのDポイント投資

Dポイント投資
DポイントはDoCoMoユーザーじゃなくても貯めることは可能です。僕の場合には100円ローソンくらいでしかDポイントカードを出さないので、ほとんど貯まらずやっと200ポイント貯めてポイント投資に回しました。

こちらも「アクティブコース」と「バランスコース」があり、バランスコースにしました。なんかDポイント投資は後出しができるため、Dポイント投資で短期売買すると儲かるみたいですが、面倒くさいのでやる気になりません。

ストックポイント(個別株)

ストックポイント
ストックポイントの場合には個別株の値動きに連動してポイント運用をすることができます。売買するたびに手数分のポイントが減るので、長期で放置です。

ストックポイントカードというものができ、100円につき1ポイントもらえて、それが自動的にストックポイントのフリーポイントとして使えるようになります。でも、このストックポイントクレジットカード使う人いるのかな~と他人事ながら不安になります。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク