PS4ウォッチドッグスクリア後の感想

ウォッチドッグス2が面白そうなので買おうと思っています。その前に、ちょうどPSストアでセールをしていたので999円で購入したウォッチドッグス1をクリアしました。
DLCの「バッドブラッド」も買ってしまいました。バッド・ブラッドは短めですが、ミッションが多彩で面白いです。

全体的に面白かったです。ただ、ストーリーに入り込めない理由が色々あります。まず、序盤で主人公が復讐をする理由が紹介されるのですが、映像がスタイリッシュすぎて全然話が入ってきません。

自分の娘が殺されたのかと思いきや、妹の娘=姪(めい)でした。自分の娘という設定だとベタすぎるということで、姪にしたのでしょうか。これだと、感情移入しにくいです。

ウォッチドッグスでは、特殊警棒での「テイクダウン」ができるので、非殺傷である程度進めることはできます。それでもストーリーの都合上数十人は殺すことになります。普通にグレネードランチャーなどの重火器を使ってプレイしていたら、クリアするまでに数百人は殺すことになるでしょう。姪のためにそこまでする?って思っちゃいます。

最初は、GTA5の車の運転を基準に考えていたので、運転しにくいな~と思っていましたが段々慣れて楽になりました。バイクが速くてカーブも曲がりやすいので、後半はほとんどバイクばっかり使ってました。

ウォッチドッグスにおける戦闘のコツとしては、「フォーカス」と「ctOSスキャン」を使えば大体なんとかなります。特にctOSスキャンは一瞬で周囲の敵全てにタグ付けをすることができるので、不意打ちの可能性を減らすことができて生存率が上がります。

ctOSスキャンができるようになる前は、監視カメラをハッキングしてタグ付けし、最初はできる限りステルスで。特に増援可能な人を優先的に排除する。見つかったらハッキングで爆破したり、グレネードランチャーを撃ちまくり、戦うといった感じです。増援されそうになったらジャミングでキャンセルできます。

警察から逃げる時は海に向かってボートに乗れば簡単に逃げられます。後半になるとヘリが追ってきますが、ハッキングのヘリ停止か停電で逃げられます。最後の方のミッションは「停電」がかなり役立ちました。

スナイパーライフルがあるのに、あまり使う場面が無いまま終わってしまいました。スナイパーミッションがあっても良かったのに。※DLCの「バッドブラッド」にはスナイパーミッションがありました。

ウォッチドッグスのオンラインは、負けそうになると回線を切断する人が多いので、ほとんどやりませんでした。ゲーム中のオプションからオンライン設定でオフにしておくと、他プレイヤーから侵入されません。

一番気になったのは、途中で出てくるギャングの一員の「ベッドバグ(bedbug)」です。ベッドバグって「南京虫」「トコジラミ」のことじゃないですか。日本ではほぼ耳にすることはありませんが、アメリカのホテルでは度々トコジラミが見つかっています。もし家でトコジラミが発見されると、家具やら何やら全部変えないといけない場合もあり、ゴキブリよりも嫌われてるんじゃないでしょうか。そんなあだ名を付けられているベッドバグ。そして、ベッドバグのボスの名前も「イラク」って安直すぎだろうという。

英語字幕、英語音声でちょっとやってみました。街の人をハッキングすると、池上彰の選挙スペシャルの様なプライバシーに関する一言コメントが表示されます。それが英語だと、パッと見読みづらいです。漢字は表意文字なので一瞬で意味が分かりますが、アルファベットは表音文字なので単語を知っていても文字を見てから意味を理解するまでに時間がかかってしまいます。日本語は速読に向いてますね。

ウォッチドッグス2は北米版のゴールドエディションが99ドルで2週間ほど発売日が早いです。一方、日本版のゴールドエディションが約13000円なので北米版を買おうかなと思いましたが、日本語版の方が文字情報が読みやすいので日本語版にするつもりです。

ウォッチドッグス2 初回生産限定特典「ゾディアックキラー追加ミッション」ダウンロードコード同梱&【Amazon.co.jp限定】 オリジナル特典 付(アイテム未定)
ウォッチドッグス2 初回生産限定特典「ゾディアックキラー追加ミッション」ダウンロードコード同梱&【Amazon.co.jp限定】 オリジナル特典 付(アイテム未定)

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク