Horizon Zero Dawn初心者向け序盤のおすすめ攻略法

ホライゾン

PS4のHorizon Zero Dawn(ホライゾン・ゼロ・ドーン)は29ドルのセールになったら買おうかなと思って待っていたのですが、あまりに面白そうなのでブックオフで中古で5000円くらいで購入してしまいました。

有名人では、有吉さん、宇多丸さん、三浦大知さんなんかがやっているらしく、ラジオで話を聴いているとやりたくなってしまいました。ラジオの『マイゲームマイライフ』の三浦大知さんの回でホライゾンを含めたオープンワールドゲームについて触れられているのですが、僕はこの回の共感度が一番高かったので、ホライゾンをやりたくなってしまいました。

この『ホライゾン』、amazonレビューでも「神ゲー」との評判ですが、本当に面白いです。とりあえず30時間くらいやった感想ですが、色んなゲームの良い所を集めまくって上手く一つの作品にできています。特にゲームの難易度バランス調整が素晴らしい。

サイレントストライク

Horizon Zero Dawn™_サイレントストライク


近接攻撃ゴリ押しで進めようとすると、あっさりやられます。距離を取って弓矢だけだと時間がかかりすぎです。近接で勝てるようになっても、体力回復にコストがかかるので、ステルスに切り替える人が多いと思います。下に書くように、「ルアーコール」と「サイレントストライク」を使ったステルスキルでどんどん進めるので、あれ楽じゃないか?と思っていたら、でかい敵がヨウヨいてステルスではどうしようも無くなり、罠を設置して誘導したりとか色々考えないと敵を倒せなくなります。

ホライゾン重火器

Horizon Zero Dawn™_重火器


敵から奪った重火器を使うこともできます。ただしリロードできません。

久しぶりに睡眠時間を削ってでもやりたい!と思いました。寝てる時も、あの敵はこう倒そうとか、夢の中でも狩りのシミュレーションしてましたし。アラフォーだとゾイドを思い出します。小学生の頃、ゾイド大好きだったので、ホライゾンの敵キャラはゾイドを思い出します。

Horizon Zero Dawn™_20170522131936

今までの人気オープンワールドゲーム、ファークライ、ウィッチャー3、メタルギアソリッド5、アサシンズクリード、トゥームレイダーなどを混ぜた感じで、世界観は『新世界より』みたいな科学文明が滅んだ後に生まれた狩猟文化の時代の話です。別の言い方をすると、ゾイドの世界にファークライ4とファークライプライマルを合わせて、更に面白くした感じです。

上に挙げたオープンワールドゲームのうち2つ以上好きな物があれば、ホライゾンは気に入る確率は物凄く高いです。

ここから先は、メリディアンに着く前の序盤の攻略について書いておきます。

まずホライゾンで迷うのはスキルの割り振りと装備です。

●序盤の必須スキル「サイレントストライク」

ホライゾンのスキル

Horizon Zero Dawn™_サイレントストライクのスキル

「サイレントストライク」は優先的にという、一番最初に取った方が良いです。「サイレントストライク」を取ると、草むらに隠れた状態や後ろから近づいて、ステルスキルすることができるようになります。ホライゾンの敵は固い物が多く、弓矢では時間がかかるので、サイレントストライクで一発で倒してしまった方が安全です。

「ルアーコール」は2番めに取った方が良いです。草むらに隠れた状態で、ルアーコールを使うと、口笛で敵を呼び寄せることができます。アサクリの口笛と一緒です。石を投げても敵は寄ってくるのですが、石だと複数の敵が反応してしまいますが、ルアーコールは群れの中から1体だけおびき寄せることができるという点で、サイレントストライクと相性が良いのです。

けっこうレベルの上がり方が速いのでスキルはどんどん取れます。だから、後は好みで良いと思うんですけど、ホライゾンは資源がけっこう必要になるので、取れる資源の量を多くするスキルとか、矢弾の作成量を多くするスキルを早めに取っておいた方が良いです。

●キツネの皮はメリディアンに着くまで1枚余分に持っておいた方が良い

メリディアンの商人からファストトラベルが無限になるアイテムを購入することができます。ただし、お金以外にも「キツネの皮」と「脂身肉」が必要になります。僕はせっかくメリディアンにたどり着いたのに、「キツネの皮」が無かったので、キツネを狩りに数時間さまようことになりました。序盤のうちにキツネを見かけたら優先的に狩っておいた方が良いです。

●序盤の防具

メリディアンに着くまで最初にもらった防具をずっと使ってました。後で気づいたのですが、ステルスの時はステルス用の服、見つかって近接戦闘中はアーマーっぽいやつに着替えた方が良いです。面倒なんですけど、体力が自動回復ではなく、回復にコストがかかるのでなるべく受けるダメージは抑えた方が良いです。

●対人戦でも対大型機械戦でも衝撃のワイヤーがかなり使える

とりあえず、中盤で鳥系の敵が出るまではトラップキャスターの「衝撃のワイヤー」万能説です。序盤はカージャのトラップキャスターにダメージコイルを2つ付けておけば、ボスっぽい敵も大体なんとかなります。ただ、敵に追いかけられている時は使いづらいので、戦闘が始まる前に設置しておくのが良いです。特に最初の機械炉のボス、ベウロバック戦の時とか。戦闘の開始タイミングはこちら次第なので、始まる前に衝撃のワイヤーを張り巡らせておくと簡単でした。

材料に「ブレイズ」が必要なんですが、最初の狩場レベル8っていう場所にグレイザーが沢山いるので、ブレイズが大量に手に入ります。あと、そこにウォッチャーも3~4体いるので、ワイヤーも手に入ります。

ホライゾンの世界の敵は、機械以外にも山賊などの人間も出てきます。人間は長弓の「必中の矢」でヘッドショットを狙うのが良いです。また、気づかれて接近戦になる前に、衝撃のワイヤーをいくつか張っておくと中ボス的な人間も簡単に倒せます。ソウトゥースなどの大物を倒すのにも、衝撃のワイヤーを何重にも仕掛けておくと簡単に倒せます。

●序盤はサイレントストライクと衝撃のワイヤーだけでも何とかなる

結局、この2つで中盤までは進めることができました。弓はウォッチャーと人間くらいにしか使いませんでした。ただ、これだと面白くないので、色々な武器を試しに使ってみた方が良いです。色々な敵の倒し方ができるのがホライゾンの魅力ですし、自分に合った武器があると思いますから。ちなみに、メリディアンに着く直前にはストームバードとかサンダージョーとか超強敵が出てきますが、無視して走り抜けました。ファストトラベル無限が使えるようになってから対処しても良いです。

空中の敵

Horizon Zero Dawn™_空中の敵


うっとうしい空中の敵は必中の矢トリプルショットで。

メリディアンに着くと、サイドクエストやサブミッションがまた増えて、このゲーム終わるのか?と不安になるくらいマップ上が記号だらけになります。ウィッチャー3の英語版を買って、ヨーロッパ訛の英語が難しすぎて挫折したんですが、ホライゾンはアメリカ英語がメインなので分かりやすいです。日本語字幕、英語音声でやっていますが、会話も大量にあるのでリスニング目的で英語音声でやると英語の勉強にもなって一石二鳥です。

2018年3月追記:コンプリートエディションを購入してDLCをクリアしました。

PS4のホライゾンゼロドーンコンプリートエディション(英語版)を購入したので最初から始めました。日本版のホライゾンは1回クリアしたのですが、...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク