ゲームが心身の健康に良いという話

ゲームと健康

7月8日のライムスター宇多丸さんのラジオ番組『マイゲームマイライフ』を聴いていたら、Base Ball Bearの小出祐介さんがゲストで出ていました。

マイゲームマイライフというラジオ番組はSONYのプレイステーション一社提供番組で、ゲストが2週に渡ってゲームに対する熱い思いを語る番組です。プレイステーション提供ですが、任天堂やセガの話をしても良いところがいいです。毎週土曜日TBSラジオで24時(日曜日の午前0時)からです。

マイゲームマイライフでは、毎回最後にゲストに「ゲームから学んだこと」を聞きます。小出祐介さんは、一時ツアー中に過労で声が出なくなり、睡眠障害のような状態になってしまったそうです。

そこで、病院に行って先生に話をすると、仕事のことばかり考えてませんか?頭を空回転させる必要があると言われたそうです。そこで、気づいたのが、最近ゲームをやっていないなということ。

そして、Wii Uのゼルダ無双をずっとやっていたところ、頭を空っぽにすることができ、夜眠れるようになり、声が出るようになったそうです。ゲームが息抜きとなっているということを実感したとのこと。

僕は考えすぎてしまう性格のため、漫画や本や映画だと、その対象を見ている時間も色んなことを考えてしまって全然入り込めないことがあります。ゲームの場合でも考えてしまうことがありますが、特にアクション要素があると全く現実世界のことを考えずに没頭できることがあります。

考えすぎてしまう性格の人にとっては、没頭できるという点で気分転換になりやすいのがゲームだと思います。そんなわけで、特にアクションゲームは心身の健康に好影響を与える場合があります。やりすぎて、会社や学校に遅刻するようになったらダメですけどね。

更に、英語学習にも最適だと思っています。

最近、PS4のソフトを英語でずっとやっていたら、かなりリスニング力が上がりました。以前よりもドラマやニュースや洋楽の歌詞がすんなり入ってきま...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク