ドラゴンエイジインクイジションで挫折する前に。序盤に初心者が知っておきたいこと

PS4のドラゴンエイジインクイジションはPSストアのセールで1000円未満で売られていたりするので、買った人も多いと思います。僕も半年くらい前にセールで買って2回ちょっとやったんですけど、すぐに挫折しました。まず、主人公の選択で選択肢が多すぎてどれにしたらいいか分からないという問題があります。

同じBiowareのゲームで、マスエフェクトアンドロメダを先にやったのですが、マスエフェクトはTPSなのでまだとっつきやすかったです。ドラゴンエイジインクイジションはRPGで装備やアイテムとか色々と覚えることがあって取っつきにくいことこの上ないです。

現在、30時間くらいやった所ですがレベル13しかありません。このゲーム、面白いんですが面白さを理解するまで10時間くらいかかりました。ドラゴンエイジ・インクイジションはハマるまで時間がかかるゲームですから、なるべく挫折しないように序盤の初心者向けのアドバイスを書いておきます。

主人公の種族と職業選択

実は主人公は何を選ぼうがあまり関係ないのです。なぜなら十字キーの上や下を押すと他のキャラクターを操作できるので、主人公だけを動かす必要もありません。仲間はサブクエストで増えていくので、戦士、ローグ、魔道士が複数人いてその中から好きなキャラクターをパーティーメンバーにできます。※個人的なおすすめは、下にも書きましたが人間の両手剣戦士です

チュートリアルの戦闘ってR2を押しっぱなしにするだけですから、これ全然面白くない!と思ってしまいました。特に、魔道士を選択すると、R2長押しで魔法が敵に飛んでいき、自動追尾するので簡単に当たります。エイムとか全然ありません。これ何が面白いの?と思ってしまいます。

RPGなのにジャンプができるのでアクション要素多めなのかな?と思いきや、アクションに期待していた人はがっかりしてしまうでしょう。でも、いくつかアビリティーを取ると急に面白くなりました。問題なのは序盤はレベルが低いのでアビリティーが使えなさすぎることです。戦士のアビリティーで「コンバットロール」を取得するとアクションゲームになります。

2回とも魔道士ですぐ挫折したので、3回目は人間の戦士(盾持ち)にしました。盾を持って戦うと分かるのが、キャラクターが向く方向はかなり重要ということです。盾を持ってボタンを押すと、攻撃を跳ね返せますが、横や後ろからの攻撃は防げません。そして、盾を持っている状態で敵の注意を引きつけるアビリティーを使うと、敵が自分を攻撃してくるので、仲間の体力が減りにくくなります。

なるほど。そういう戦い方があるのかとちょっとずつ覚えていったら段々面白くなりました。10時間くらいやってやっとなんとなくシステムを理解したんですけど、これ分かりづらいだろ!っていうのが沢山あるんですよね。もっとチュートリアルをちゃんと作ってくれないと挫折する日本人がすごく多いと思います。

おすすめは人間の戦士 両手剣

僕のおすすめは、人間の戦士の両手剣です。人間を選択すると、アビリティーが1個多く選択できます。アビリティーの鎖を投げて敵を引き寄せる「拘束の鎖」で、敵を引っ張ってきてキックしノックダウンさせ、倒れている間に通常攻撃、立ち上がったら「ポメルストライク」でスタンさせて、また通常攻撃とかやっていると体力が減らずに敵を倒せます。重い敵は鎖で引っ張れないので、弓兵とか遠距離攻撃してくる敵を倒すのに特に便利です。
※「盾持ち」から「両手剣」への変更は、武器の変更とアビリティーの振り直し(ヘイブンの鍛冶屋で売っているアクセサリー「戦術家の巻き直し」)でゲーム途中でも可能です。

ダメージを受けないようにするには?おすすめのアビリティー

ドラゴンエイジインクイジションは、回復がほぼポーションに限られているので、なるべくポーションを使わずに敵を倒す方法を考えます。一つの方法は、タンク役の盾戦士に攻撃を集中させることです。これは有効です。でも、途中で飽きてきたので、両手剣の戦士で攻撃を受けない方法を考えました。仲間に魔道士を2人入れて障壁のアビリティーと氷系の魔法を覚えさせます。そうすると、障壁というシールドのような物ができるので、ダメージを受けにくくなり、氷の呪文で敵の動きを一定時間止めます。ただ、ローグじゃないと開けられない扉があったりするので、盾持ち(ブラックウォール)、両手剣の主人公、弓ローグ(セラ)、氷魔道士(ドリアン)というパーティーでやってます。キャラクターは好みで、重要なのは職業なので初期メンバーでも全然行けます。


戦士のおすすめアビリティー「ポメルストライク」でスタンさせ、「マイティブロウ」でノックダウンさせると敵が攻撃できなくなります。ただ、熊とか鎧のでかい敵などには効かないので、ガードしてからカウンターができる「反撃の一撃」を使います。また、「コンバットロール」で回避しつつ敵の注意を引きつけ、後ろ側から味方に攻撃させるという方法もあります。アビリティーを組み合わせると色々な戦い方ができるので、その組み合わせを考えるのが面白いです。序盤だとアビリティーも少なく、その面白さが分からないので、最初からアビリティー5個くらい解放してくれれば良いのにと思います。コンバットロールが使えると、普通のアクションゲームになります。

まずはサブクエストでレベル上げ

武器や防具のアップグレードや強化、ルーンの作成など色々と分かりづらいことがあるんですが、まずはアビリティー増やすためにレベル上げをすることをおすすめします。敵を倒しても経験値がほとんど入らないので、サブクエストをこなしていきます。裂け目を閉じるのが1番経験値がもらいやすいです。あと、色々な所に落ちている文章を読むと経験値が入るので、審問会のパークではコーデックスを読むことで経験値が50%アップというやつを早めに取った方が良いです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク