やりこみ系シューティングゲームPS4 Sky Force Anniversaryのレビュー

Sky Force Anniversary

Sky Force Anniversary(スカイフォース・アニバーサリー)は言語設定に日本語があって日本語化できるのですが、日本のPSストアでは売っていないようです。シューティングゲームは好きだしアメリカのPS Plusでフリーだったのでやってみました。北米PSストアで9.99ドルで購入することができます。

日本語もある

昔あった1942という戦闘機を操作する縦スクロールのシューティングゲームみたいなものです。ただ、初期状態では主砲の弾も弱いし、敵は固いし全く爽快感がありません。しかも、敵の当たり判定がボデイーじゃなくて砲台じゃないとダメだったり、やたら難しいです。連射はボタン押しっぱなしで勝手にしてくれます。


Sky Force Anniversaryがどんな感じのシューティングゲームかは動画を見てもらえば一発で分かると思います。


それほど弾幕が多いというわけではないのですが、敵からダメージを一回も受けないとか、地上の人間を100%回収するとか、敵を100%倒すというようなチャレンジをクリアしていかないとステージを進められないし難易度を上げられません。そこが難しいです。あと、敵の弾速がやたら遅くて逆に当たってしまうということが何回もありました。

一番苦労したのがステージ5です。ステージ5では最初に出てくる潜水艦が永遠に追尾してくるEMPミサイルを撃ってきて、これを避けながら敵を倒さないといけないという縛りがあります。EMPに当たるとそのステージ中弾が一切出なくなります。なぜか墜落はしません。敵の攻撃を避けつつ星と人間を回収するしかできなくなります。

集めたスターでアップグレード
敵を倒すと星が出て来るので、星を集めてアップグレードを購入することによって、段々強くなっていきます。ステージをクリアしていくと敵も固くなっていくので、せっかく自機が強くなっても爽快感は得られません。でも、もうちょっと強くなりたい!というRPGをやっているような感覚になり、またやってしまいます。

アップグレードはサイドキャノンと一発ずつ出る誘導ミサイルくらいしかありません。あとは、消費アイテムのシールド、レーザー、メガボムとかです。

敵を倒してスターを回収
基本的に同じステージを何回もクリアして、星を集めてアップグレードするという感じです。序盤ではスターがなかなか集まりません。

難易度を上げるメリットとしては、もらえる星が増えること、そして「カード」が出る確率が高くなることです。カードはなかなか出ず、出てもそのステージをクリアしないと入手できません。序盤ではほとんどカードが手に入りません。しかも、カードが手に入ってもそれほど強くならない。ドローンが左右に付いたりするんですけど、全然役に立ちません。

ただ、「もらえるスターが2倍になる」というカードが強力です。スター2倍のカードが出た後の「今までの苦労は何だったんだ感」はすごいです。

効率的にカードを入手するためには、ステージ6以降の最高難易度(nightmare)をプレイする必要があります。カードはステージ6のナイトメアで8割くらい集まりました。ただ、僕は収集要素にあまり引かれないので、最終ステージをクリアして収集はやめましたけど。

PS4のソフトにしては地味ですし、最後まで爽快感はなかったのですが、何回もやってしまう中毒性はあります。5ドルから10ドルくらいだったらまあ楽しめるシューティングゲームかなと思います。動画で見る限りではsky force relodedというアプリの方が攻撃が派手で爽快感がありそうです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク