X Morph:Defense(PS4)の攻略のコツ

X-Morph_ Defense

X-Morph Defense(エックスモーフディフェンス)はPS4版がPS Storeで1980円で購入することができます。アメリカのPSストアだと19.99ドルで、珍しく日本の方が安いです。1ドル100円を切らなければ日本のPSストアで購入した方が良いです。日本語字幕・英語音声です。人間側の無線を傍受するので英語のリスニングにもなります。

感想を簡単にまとめると、はシューティング要素があるので自機の操作に忙しくて、ウェーブ中にタワーの配置を変更するとか考える余裕が無いですが面白いです。忙しいので他のことを考える余裕がなく、ゲームに没入できます。

他のタワーディフェンスに比べると破壊表現が派手です。


X-Morph Defenseは、映画の「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「バトルシップ」みたいに宇宙人が地球を侵略して資源を奪うというストーリーです。プレイヤーが操作するのが宇宙人側ということで、宇宙人特有の青く光る謎技術を使っているため人間側の無線は全て傍受できていて、どのルートをどのような部隊が来るかは全部把握できています。ただ、地球人も各国が連携して通常兵器やガンツに出てくるような巨大兵器で攻撃してきます。

他のタワーディフェンスゲームとちょっと違うのが、自機をシューティングゲームの様に操作できることです。タワーを建てる以外にも自分で防衛します。敵を倒したら三角ボタンで「ゴーストモード」にして武器の貯めボタン(R2)を長押しするとデブリというエネルギーを回収します。回収しなくてもエネルギーはある程度貯まりますが、デブリも回収した方がタワーをちょっと多く作れるので有利になります。あとは、レーザーフェンスで道を塞いでなるべく遠回りさせます。その辺はチュートリアルが親切なので説明しなくても大丈夫だと思います。

自機を操作してシューティング、デブリ回収、タワー建設とか忙しすぎます。慣れないと武器の変更ボタンやゴーストモードの変更が上手くいかず、攻撃しているつもりがずっとゴーストモードだったりします。ゴーストモードにすると移動速度が上がり、タワーの建設ができるようになり、敵の攻撃が当たらなくなりますが、こちらからも攻撃できなくなります。

最初イージーでやってみたのですが、けっこう難しいです。忙しいのでマルチタスクの能力とボタンさばきの正確さが問われます。操作方法に慣れるまでは難易度はイージーにすることをおすすめします。

スコアランキングのエントリー数を見ても、ドイツとロシアあたりで諦めてしまった人が多いようです。序盤で詰まるとすればドイツとロシアです。ロシアをクリアできれば、後はけっこう楽になります。

でも、途中でX-Morph Defenseの攻略のコツが分かったら楽になりました。ウェーブごとにチェックポイントがあり、コアが破壊されてゲームオーバーになってもチェックポイントからスタートできるので、試行錯誤はしやすいです。ただし、タイトル画面に戻ったり、電源を切るとチェックポイントが消えてウェーブ1からになってしまうので注意しましょう。

以下、X-Morph Defenseのほとんどのステージに共通する攻略のコツです。

●まず、コントローラーの操作方法を変える。これが意外と重要です。

ボタンの変更は以外と重要


初期設定だとゴーストモードの切り替えは三角ボタンですが、三角ボタンは非常に押しにくいので、L1ボタンに変更しました。自分が押しやすいボタンに変更しておきましょう。

そして、武器の十字キーへの割当てを自分で使いやすいようにします。特にボムの溜めと特異点とプラズマの溜めはかなり使えるので、この3つをすぐに使えるようにしておいた方が良いです。

●飛行機とヘリコプターは対空兵器に任せる

コアの近くに対空ミサイルを置いておくと楽。


シューティングゲームという印象から、飛んできた飛行機やヘリを全て自分で撃ち落としていましたが、タワーに任せて無視した方が良いです。コアの近くに1つか2つ対空用のタワーを置いておきます。地対空ミサイルやレーザーのアップグレードができるようになったらすぐに取った方が良いです。対空兵器に空を任せておけば自分は地上部隊に専念できます。

●自機のミサイルは使わなくても良い

対空用として自機ミサイルは強いのですが、上に書いたようにタワーにまかせて、自分は地上部隊に専念した方がクリアしやすいです。ミサイルのスキルツリーに振る分のポイントは、他に振った方が良いです。自機のレーザーは特異点を使うだけのためにアップグレードした方が良いです。自機のレーザーはボスに使うくらいで良いと思います。

●ボムと特異点は必須

スローモーション=自機の高速移動


序盤から使えるボムは非常に有効です。特にボムは長押しするとスローモーションになるタイムワープを取ると便利です。なぜなら、実質的にマップ上を超高速移動できるからです。ミニマップ上に緑の点が現れたら、ボムのボタンを長押ししスローモーションにして緑の点の場所まで移動して、ボムを落として移動対空兵器兼ヒーラーのユニットを速攻で潰します。緑色の敵は回復能力があるので、すぐに壊した方が良いです。

ボムはクールダウンが必要なので、戦車の隊列には特異点を3段階目まで大きくして置いておきます。特異点を置いたら巻き込んで吸い込んでくれるので、自分は他の場所の地上部隊に対応しに行きます。

同様に、無線で「アーティラリー」という言葉が聞こえたら、だいたい迫撃砲が来ます。迫撃砲はこちらのタワーを壊してくるので、回復の敵と同じように、すぐにボムで潰します。

●火炎放射器は使わなくても良い

タワーの火炎放射器で倒せる敵は、自分のプラズマのため攻撃でも簡単に倒せます。タワーは火炎放射器以外の砲撃塔(迫撃砲)かレーザーを使った方が良いです。レーザーが使えるようになったらすぐにレーザーにアップグレードした方が良いです。数の多さ順に レーザー塔 > 砲撃塔 > 対空ミサイル という感じです。

●おすすめのアップグレード

プラズマ兵器のためる時にシールドが出るやつと、コアのシールド2倍は取っておいた方がだいぶ楽です。

ちなみに、敵のジャガーノートというモビルスーツみたいなやつは、ジャンプする場所があるのですが、そこに対空兵器を置いておくと対空兵器がジャンプ中に作動してヒットします。

まとめ

火炎放射とミサイルはのアップグレードは取らずに、対空タワーをコアの近くに置いて、レーザーのアップグレードはすぐに取る。緑色の敵と迫撃砲はすぐにボムで倒す。

最初はかなり難しく感じますが、ゲームに慣れてきてアップグレードが増えてくると楽になります。普通のタワーディフェンスよりも色々とやることがあって面白いと思います。ウェーブごとにルートが変わったり、マップが広がったりしてタワーの配置を変えたりするのはちょっと面倒かなと思いますが、2000円以下で買えるゲームの中ではかなり面白い部類に入ると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク