古いMacBook ProでPS4リモートプレイ設定をした

Macbook ProでPS4のリモートプレイ

寒いし、布団の中でゲームできたらいいな~とダメ人間的な発想をしていたので、PS Vitaでも買ってPS4のリモートプレイしようかなと思って色々と調べました。そしたら、PS VitaのリモートプレイはR1、R2、L1、L2ボタンが押しにくいみたいなんですね。PS Vitaのリモートプレイだとシューター系のゲームだとちょっとやりづらそうだなと。

SONYのxperiaタブレットだとPS4のリモートプレイができるみたいですが、この前Amazon fire HD買ったばかりだしな~と。

そういえば、あまり使っていない古いMacBook Proがあるので、リモートプレイできるのかと思って調べたら、Macでもできるじゃないですか。早速SONYの公式サイトからMac用のアプリをダウンロードして使ってみました。

基本的に指示に従うだけなので、そんなに難しくないと思います。

下の設定方法はSONYの公式サイトからの引用ですが、PS4の本体であらかじめ設定する必要があります。僕の場合、自分で変更したのか忘れましたが既にこの状態になっていました。

(設定)>[リモートプレイ接続設定]を選び、[リモートプレイを有効にする]のチェックを付ける。
(設定)>[PlayStation Network/アカウント管理]>[いつも使うPS4として登録する]>[登録する]を選ぶ。
PS4™がスタンバイモード中にリモートプレイを始めるには、(設定)>[省電力設定]>[スタンバイモード中の機能を設定する]を選び、[インターネットに接続したままにする]および[ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる]のチェックを付ける。

次に、MacBook Proからリモートプレイのアプリを立ち上げて、PSアカウントにログインすると、自動的にネットワーク上のPS4を探してくれます。

意外と簡単にMacでPS4のリモートプレイができました。

MacでPS4

早速、DUALSHOCKコントローラーをMacBook ProにUSB接続したら、普通にPS4が遊べます。とりあえず、ジャストコーズ3をやってみましたが、快適に遊べました。リモートプレイ優秀です。ごくたまに地球防衛軍の建物が破壊された時みたいに遅くなることがありますが、普通に遊べます。注意点としてはディスク版だとゲームの入れ替えができないということですね。こういう時にダウンロード版が有利になります。

画質に関しては全然設定を変更していない状態だと、ちょっと潰れた感じでテレビより悪いかなという感じです。設定変更したら良くなるかもしれません。

PS4の電源を切ってしまうと、Mac側からPS4を起動できなくなるので、Mac側から遊べるようにするには常にPS4の本体をスタンバイモードにしておく必要があるようです。

ゲームって同じ姿勢でずっといることになるので、肩がこったり腰が痛くなったりします。だから、Macのリモートプレイで寝室とリビングの両方でゲームをしたりすると肩こりや腰痛などにも良いかもしれません。旅行や実家に帰る時には、PS4を持ち運ばなくても、ノートPCとデュアルショックコントローラーを持ち運べばPS4のゲームができるわけです。

コントローラーは一つを差し替えて使うこともできますが、もう一個買っておいた方が楽だと思いました。

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)
ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク