Far Cry 5を中盤まで進めた評価と感想

ファークライ5をやっていて最初はいつものファークライ4やファークライプライマルなんかの延長かなと思ってたんですが、段々ゴーストリコンワイルドランズみたいになってきました。これは、良い意味で裏切られました。

20時間~30時間くらいやっているはずなんですが、サイドミッションとかプレッパーの宝とかを全部やっていたのでまだマップの3分の1を解放した所です。ファークライ5はかなりゲームのボリュームが多いです。サイドミッションも色々と種類があり、今までのUBIのゲームの単調なサイドミッションとちょっと違います。まだクリアまで程遠いですが、今の所かなり好印象です。

ファークライ5では、わざとヘッドショットしないで敵を誘い出すと効率的に敵を倒せる


敵をヘッドショットしないで、胴体などを撃つとダウンする場合があります。上の画像の様に赤い丸マークが出ている状態がそうです。この状態になると、別の敵が蘇生しに来ます。敵は攻撃を止めて蘇生作業に回るので、戦力が低下します。しかも、敵が来る場所が分かっているためスナイパーライフルなどで狙撃しやすくなります。ベトナム戦争で北ベトナム軍のスナイパーがアメリカ軍に対してこの戦術を使ったと何かで読みました。有効な戦術ですが、かなり残酷ですね。

スナイパーの傭兵を2人以上連れて行くとゴーストリコンワイルドランズ


ファークライ5での新要素として「傭兵(gun for hire)」があります。ホープカウンティーの住民の中から戦闘に参加してくれる人を連れて歩けます。弓、RPG、スナイパーライフルなど人によって武器が違い、植物を収集してくれるスキルなんかを持っている人もいます。

ファークライ4の傭兵は全然役に立ちませんでしたが、ファークライ5の傭兵は役に立ちます。特に、傭兵がいると自分がダウンしても蘇生してもらえるので、ゲームオーバーになりにくくなります。また、ダウンした傭兵を別の傭兵が蘇生してくれます。

序盤でもパークで傭兵の数を2人に増やせるものがあるので、取っておくと便利でした。スナイパーの傭兵を2人(スペシャリストのグレース・アームストロングなど)雇って、指示を出しながら戦闘をするともはやゴーストリコンワイルドランズです。ドローンが無いゴーストリコンワイルドランズって感じですね。十字キーで敵にカーソルを合わせて指示を出すと、攻撃してくれるので複数の敵を排除するのに便利です。ただ、ゴーストリコンワイルドランズのシンクショットの機能は無いので、タイミングを合わせて3人同時に倒すとかは難しいです。

ジョン・シードのバンカーに潜入するとか重要なストーリーミッションだと、傭兵を呼ぶことができず1人で行動しなければいけないこともあります。

動物だけで行くことも


クーガーのピーチーズと犬のブーマーを引き連れて行動すると、ファークライプライマル+ゴーストリコンワイルドランズみたいになります。

ファークライ5ではNPCに車やヘリを操作してもらうことが可能


ゴーストリコンワイルドランズでは、自分でヘリや車を操縦/運転しないといけませんでしたが、ファークライ5では味方NPCに操縦/運転してもえます。車に乗る時に、運転席に座らなければNPCが運転してくれます。マップ上で位置を指定しておけば、そこまで運んでくれます。ただ、それがゲーム攻略上意味があるか?と言うとあまり無いと思います。

燃料トラックを奪取するミッションで2時間くらいかかった


タンクローリー(燃料トラック)をフォールズエンドまで2台運ぶ「Hit the gas」というミッションがあったんですが、一番時間がかかりました。燃料トラックを探している時に限って全然見つからない。やっと見つけたと思ったら、飛行機が出てきて乱戦になり、燃料が爆発。車をアサルトライフルなどで止めようと思っても止まらない。やっと奪ったら、飛行機に銃撃されて爆発。敵に追われて爆発。

最終的に、「自動修理(auto repair)」というパークを取ると楽でした。乗り物に乗っていると自動で修理されるというなかなか使えるパークです。飛行機やヘリでも発動します。燃料タンクを積んだトラックを止めるには、タイヤをスナイパーライフルで撃つと良かったです。自動修理のパークは他の乗り物系ミッションでもとても役に立ちます。

ジョン・シードとの空中戦(贖罪)が一番難しかった

マップ左下のホランドバレー(holland valley)解放までで一番難しいミッションだと思ったのが、「Wrath」というジョンシードとの飛行機での空中戦(ドッグファイト)でした。日本語版だと「贖罪」の次の「憤怒」というミッション名みたいです。序盤のボス戦という位置づけっぽいです。

飛行機の操作が難しくてなかなか勝てないので、一度飛行機を着陸させてフォールズエンドの屋根の上にある機銃で攻撃しよう!と思って実行したんですが、機銃から撃っても全くジョンシードの飛行機に届きませんでした。このままミッション継続できないのか?と不安になりましたが、マップ左下あたりにある飛行場にファストトラベルしてから飛行機に乗ってミッション継続できました。

かなり時間がかかりましたが、やっとドッグファイトで勝てました。このミッションではスペシャリストのニック・ライは呼ぶと一緒に戦ってくれます。あまり役に立っているようには思えませんでしたが。コツとしてはRスティックはあまり使わないようにすること。Rスティックで視点を動かすと、自分が進んでいる方向がよく分からなくなり墜落しがちです。あとは、旋回しないと機銃で撃ち落とされてしまうので、右回りにずっと旋回してました。右回りでずっと旋回して、前方にジョンの飛行機が来そうになる時からR2で機銃を撃ち続けます。照準に入ってから撃っても当たらないことが多いので、照準に入る前から撃っていた方が良かったです。

あとはジョン・シードのバンカーに潜入してミサイルサイロから脱出する所は敵の攻撃が激しく難しかったです。

ネタ武器?宇宙人の武器(Magnopulser)はあまり使えない…


宇宙人の武器がもらえるミッションがあって、Magnopulser(マグノパルサー?)という武器をもらいました。ドラえもんの空気砲みたいな武器で、近くの敵を吹っ飛ばすことができます。ダメージは無いっぽく、あってもちょっとでしょう。追記:テイクダウンできるくらい近づいて撃つと敵が消滅します。
エネルギー兵器で弾数は無限っぽいですが、ほとんど使えません。銃座とか車に乗ってる敵には効果がありませんでした。

ゲームバランスが崩壊するような強い武器が出てこなくて逆に良かったと思います。

ファークライ5の現段階の感想・レビュー

序盤は1人で行動するので、普通のファークライっぽかったですが、途中から段々仲間が増えていくのはRPGっぽくて良いです。仲間が増えていくと、ゴーストリコンワイルドランズみたいになって拠点を落とすのに誰を連れて行くか?とかを考えるのは楽しいです。ファークライ5は今の所、全く飽きずに遊べてますし、ファークライ4やファークライプライマルよりも面白いと思います。

2018年4月2日追記:
終盤まで進めたんですが、ファークライ5で賛否両論なのが経験値メーターが溜まると強制イベントが発生することです。オープンワールドゲームでのイベントのトリガーに経験値を使うというのは目新しいので、強襲部隊が現れてロケットランチャーでも撃退できなくてやられて何これ!と思いました。

最近のゲームでよくあるのが、敵に捕らえられて今までの装備を取られてしまい、武器無しの状態でなんとか脱出するというものです。これはちょっとゲームにも慣れてきて飽きてきたので、寿司で言うところのガリ的な存在なので一回はあっても良いと思います。

でもファークライ5みたいに何回も拉致させるのはよく分かりません。なぜ今まで殺しに来ていて急に生かしておくんだ?という疑問もありますし。次のミッションを始めようと、ミッションマークが出ているキャラクターと話していたら、吹き矢か麻酔銃みたいなので眠らされて拉致されました。

段々慣れてくると強制イベント来るんだろうなと思って余裕が生まれますが、この強制イベントは何かやっていたのに急に中断されるのであんまり好きじゃないですね。それでも、全体的にはファークライ4やファークライプライマルより面白いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク