ファークライ5のアーケードモードで兄者弟者(2bro)マップの「隠し要素」

ファークライ5のアーケードモードには、人気実況者の兄者弟者(2bro)が作ったマップがあります。PS4のファークライ5のアーケードモードのマップ検索で「jump」で検索すると「jump program」というのが出てきます。

マップ検索は、マップを選ぶ画面で四角ボタンを押すと名前などで検索が可能です。

単にジャンプするだけというマップです。元ネタは映画の「マトリックス」です。弟者さんのマップの方は、ハイジャンプができないので「マトリックス」でネオが失敗する失敗パターンを再現。兄者さんのマップが成功パターンを再現しています。そのため、弟者さんのマップはクリア不可能だと思います。

上の動画では、おついちさんの編集により「隠し要素」は映ってません。以下ネタバレしますので、自分で「隠し要素」を確かめたい人は見ない方が良いです。





兄者さんのマップの方には「隠し要素」があり、「2bro」という文字と、兄者さんと弟者さんらしき人が配置されています。敵対していませんが、攻撃して倒すことも可能です。

このマップは、兄者弟者の動画を見ている人には嬉しいマップだと思いますが、何も知らずに遊んだ人はなんだこれは!と思ってしまうでしょう。ファン向けのマップです。

ファークライ5ではこのように色々な人が作ったマップで遊ぶことができます。僕は「基地(outpost)」モードが好きで、たまに基地解放をして遊んでいます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク