アサシンクリードオデッセイおすすめのハンターアビリティーと武器防具で弓矢特化型が強い

アサシンクリードオデッセイ弓矢が強い

アサシンクリードオデッセイの序盤では弓矢が弱いので、最初はウォリアー系のアビリティーで近接攻撃ばかりで遊んでいました。なかなかレジェンダリーの弓矢も手に入りませんし。この頃はバイオウェアのドラゴンエイジ・インクイジションっぽいゲームだなと思ってました。

アサシンクリードオデッセイおすすめのハンターアビリティー

おすすめのハンターアビリティー


でも、中盤くらいで弓矢のアビリティーを使ってみたら、あれ弓矢めちゃくちゃ強くない?と思って弓矢特化型(つまり、ハンターダメージ特化)にしました。日本語訳が分からないので上の画像のアイコンを参考にしてください。

レベル30くらいで、武器防具はできるかぎり「ハンターダメージ+10%」とかにしてみました。どの武器というよりも、レベルが高くハンターダメージが加算される割合が高い物を選ぶことが重要です。レジェンダリーにこだわる必要はなく、紫や青の武器防具でも良いです。

そして、弓矢のダメージが増えるアビリティーを取ってヘッドショットするとダメージが15万出たりして、ほとんどの敵を弓矢1発か2発で倒せるようになりました。更に良いことに、弓矢のアビリティーを使うと矢の消費が無い
弓矢のオーバーパワー
しかも、弓矢のオーバーパワーを使うと範囲ダメージが出るので、メインストーリー上の中ボス戦などで敵が複数出てきても、瞬殺、もしは一気に複数の敵の体力を削ることができます。あと、矢が壁をすり抜けて敵にダメージを与えられるという強すぎるアビリティーがあります。このアビリティーがあると、壁越しにヘッドショットを狙えるので、まったく見つからずに敵を倒すことも可能です。

サメ

対サメにも使える


この壁越しのショットのアビリティーは船上から水中のサメを倒す時も使えます。エイムした時にサメにダメージゲージが出なくても、一発でサメを倒せます。
このアビリティー強すぎだろ...
たとえば、その地域のリーダーが複数の取り巻きに囲まれていても、弓矢のオーバーパワーで(L2でエイムしながらR1+R2)攻撃すると簡単に倒せます。「今まで苦労して一人ずつ近接攻撃で倒してたのは何だったのか?感」がすごいです。

ハンターダメージ特化の何が良いかというと、ステルスで遠くの敵を倒せるようになるので、手配度がほとんど上がりません。うっとうしい賞金稼ぎの傭兵がほとんど来なくなりました。賞金稼ぎが来ても、弓矢アビリティーのヘッドショット2発くらいで倒せますし。ノックダウンの矢に切り替えてアビリティーを発動させると、簡単に仲間にすることができます。

ちなみに、一般市民や政治家を暗殺するサイドミッションでは、柱の上とか高い場所から弓矢で暗殺すると手配度が上がりません。

敵の拠点も完全ステルスが簡単に可能になります。あと、アドレナリンメーターが時間で1目盛り回復するようになるので、何回も弓矢のアビリティーショットを撃つことが可能になります。

弓矢特化のアビリティーにすると、ドラゴンエイジ・インクイジションというよりも、ゴーストリコンワイルドランズみたいな狙撃ゲーになってきます。これはこれで面白いです。

ウォリアーのおすすめアビリティーは体力回復とスパルタキック
アサシンのおすすめアビリティーはステルスマスターや暗殺ダメージアップ系
あとは、ハンターの弓矢攻撃のダメージが上がるアビリティーに振りまくりましょう。

全体のアビリティー取得状況

近接武器はハンターダメージアップの効果のあるものを装備し、近接攻撃は敵を倒すというよりも、攻撃を当ててアドレナリンメーターを溜めるために使用します。アドレナリンメーターが溜まったらオーバーパワーなどのアビリティーを使うと敵が沢山いる砦の攻略も比較的早く終わらせることが可能です。また、拠点攻略前には動物と近接武器で戦ってアドレナリンメーターを最大まで上げておくと楽です。

アサシンクリード・オデッセイではアビリティーのリセットはいつでもできるので、飽きてきたらアビリティーを振り直すと良いです。新しい発見があるでしょう。

2018年10月15日追記:
アサシンクリードオデッセイのゲームクリアまで弓矢特化で行けました。でも、サイドクエストの「アルテミスの娘」の毒攻撃してくるイノシシに苦戦しました。そのため、アビリティーを振り直し、ウォリアー特化、炎ダメージ特化にしてアビリティーの炎の剣で近接攻撃で戦ったら簡単に倒せました。

アサシンクリードオデッセイ、100時間くらいでやっとクリアしました。アサシンクリードオデッセイはとても面白かったです。スパイダーマンも非常に...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク