ジャストコーズ4クリア後のレビュー/評価

PS4のジャストコーズ4をクリアしました。全てのマップを青くしましたが、チャレンジは面倒くさいのであまりやっていません。それでも30時間くらいは遊べました。ジャストコーズ4は面白いは面白いんですが、まだ買ってないなら「買うならセールで」の方が良いですね。もうちょっとミッションとかストーリーをちゃんと作ってくれたらな~という感想です。
ムービーや背景のグラフィックが悪いのは、空を飛んでいると気になりません。むしろ爆発の描写は良くなっています。ロード時間の短縮はとても良いです。ジャストコーズ3ではゲームオーバーになるたびに1分くらいロードに時間がかかっていた気がします。

あまり使う場面が無かったステルス戦闘機

でも、ジャストコーズ4はストーリーが雑すぎます。敵側が何やっているかが良くわからず、味方も圧制を受けているような感じはしないし、最後にブラックハンドのボスがあっさり協力してくれるし、なんだこの雑なストーリーはと思いました。ジャストコーズ4は淡々と破壊活動を続けるゲームです。
ミッションも、ブレーカーを上げる、発電機を破壊する、車を持っていく、端末を時間内に操作する、タワー防衛とか同じような物が多く、単調になりがちです。その辺は自分で使う武器を変えたりして、飽きにくくする必要があります。
気象兵器を使って敵基地攻略なんかもできるのかと思ってましたが、できないし。グラップリングフックはカスタマイズ可能ですが、切り替えるの面倒なので結局同じ組み合わせでずっとやっちゃいました。ホライゾンゼロドーンのロープキャスターみたいに、グラップリングフックで罠を仕掛けられたら良かったのにと思いました。
ジャストコーズ3では基地攻略すると、独裁者の負け惜しみと強がりが入ったプロパガンダ放送が流れて、そのうち精神が不安定になっていく様が描かれていたので良かったです。ジャストコーズ4ではそういった要素は一切ありませんでした。
ジャストコーズ4で良くなっている点としては、ARスキャンでミッション目標が分かりやすくなっているということがあります。でも、ブレーカーや発電機がどこにあるのかわからずに10分くらい探し回ったことが2、3回はありました。
ロケットを撃つ攻撃用ドローンをサプライドロップで要請したら、落下ダメージなのかコンテナが開いた時点で壊れているということが何回もありました。建物の屋上とか道路の上じゃないとドローンはダメっぽいですね。
あと、ジャストコーズ3にあった超強力なロケットランチャーが無くなっているのは残念です。
なんだかんだでジャストコーズ4は最後までやりましたが、どちらかと言えば色々とジャストコーズ3ゴールドエディションの方がおすすめです。色々とメカに乗ったり、ウイングスーツでアイアンマンの様に戦ったりできますから。ジャストコーズ3のレビュー

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク